Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 07月
«
»
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

新着情報

記事

-

コメント (7日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

新着メディア (7日)

新着メディアはありません。

ログイン

ログイン

 2019年7月20日(土) 16:26 JST

大阪ダブル選挙が終わって

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ
維新知事と市長の誕生ですね。

今の大阪に必要なのは「 はしもと政策 」でしょう。
ただ、その場合体力的、精神的、経済的に
限界がきている者の中には
「 はしもと政策 」のあおりで路頭に迷う人も少なからず
出てくるでしょう。
新市長はその人たちのことを「 大阪を守るため致し方ない 」と
見てみぬふりをしないでしょうか。
私が最後のさいごまで右脳の片隅に違和感を残していたのは
ソコです。

万人が満足する政治なんてないことはよくわかっています。
市長自らの手でそんな人たちを手厚く守れとは言いません。
最終的に自分を守るのは自分だから。

ただ、そういったひと達を人生の失格者という烙印を押して
切り捨てるのだけはやめてほしいな。
クラスに47人いれば成績が47番目の者は必ず存在するのです。
それは皆がみな死ぬほど頑張って勉強しても
物理的に絶対に存在しうる人物なのですから。

「 はしもと政策 」「 ひらまつ政策 」
どちらも、根気強くやればいつか必ず道は開けると
私は今でも思っています。
方法は違えど大阪を良くしたいという強い思いは
どちらも一緒なのですから。

あとは「 はしもと政策 」を選択した「 市民 」が
どう振る舞うかが大事なんですよね。
そう、主役ははっしゃんではなく「 市民 」です。

私は〜そうですね、理想としては
「 大学生が専門的に学んでも理解するのに4年はかかる 」
とはっしゃんが言う都構想を勉強して
ひらまっちゃんと一緒になって後ろからヤァヤァ言いつつ
( って、別にひらまっちゃんと知り合いでも何でもないけど )
足を引っ張るようなことだけはせずに新市長さんについて行く
といったスタンスをとりたいんですが、たぶん自分のことで
精一杯、理想通りにはなかなかいかないと思います。

そう、みんな自分のことで一生懸命、精一杯なんです。

「 大阪には非常に疲れてらっしゃる府民や市民が
 たくさんいます。
  その方たちが置いてけぼりにならないように願うだけです。」
とは、ひらまっちゃんの敗戦の弁。
ホンマ、あなたが都構想掲げたら全市民が
ついて行くやろに。(笑)

大阪ダブル選挙当日

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ
今日1日最後までゆっくり考えて選挙に行こうと
考えてたぬいいとさんです。
結局今日1日の時間配分の都合で急遽仕事前に行っちまいました。
投票した方が落選するというジンクスを持つ
「 ぬいいとさんの魔の1票 」
はっしゃん、ひらまっちゃん、それでもあなたは
私の1票が欲しいですか?(^皿^)ヾ

職場の実姉、keshidama さんは
「 ココに来てくれはった方に入れよ♪」と言ってましたが
はっしゃんは木曜日に、ひらまっちゃんは金曜日に
それぞれ店の前までいらっしゃいました。
姉はまだ迷ってはります。(笑)

さて、そろそろ開店です。
ぁ、そうそう。
うっかりこちらから誰彼なしに選挙の話題は振っちゃダメ
ですよね。^^;
この地は大阪市在住でも選挙権のない方が
かなりの割合でいらっしゃいますからね。
いつもと変わらずに、いらっしゃいませ〜♪

80代

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ
私の父は86歳である。

自ら興した商売の元で未だ現役で働いている。
朝から夕方まで働いたあとは売上計算と帳簿つけ
職場の台所は父にしかわからないことがたくさんあり
実権は未だ父が握っている状態だ。

膝や腕の靱帯を切ったりして一昔前に比べれば
かなり動作の制限が増えてきだが、それでも義兄が不在の時は
お昼のピーク時でもどうにかこうにかひとりで
品物をあげることができる。

親に対してこんな言い方は無礼かもしれないが
歳のわりには本当によくやっている。
娘の私はそれはそれはとても尊敬している(笑)←なぜ笑う?

が、しかし。
このくらいのお歳ともなると痴呆症とまではいかないけれど
日常生活には困らない程度の「 小ボケ 」がでてくるのは
否めない。
う〜ん、「 小ボケ 」といっては失礼かな?
ここは同じ頃合いの歳の親を持つオバままさんの言葉を
拝借するとしよう(笑)。

*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆

例えば「 記憶力の低下 」
痴呆症のような、自分がご飯を食べたかどうかなんてことを
忘れるほどの物忘れはないけれども、仕事や病院、会合などで
自分が発言したこと、人から頼まれたことなどを忘れ去る事。
医者にかかるほどの物忘れではないけれど
その物忘れ事項に関わった人物は大なり小なりの被害を被る。

ぬいいとさんの職場における
「 おとうちゃん、こないだそう言うてたやんかぁ!」
と言ってまた一から段取り組み直しを余儀なくされる
といったことがまず一例。(笑)

*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆

それから「 判断力の低下 」
長年のうちに身体に染み付いたこと、例えば
主婦ならば料理をするだとか、職人さんならモノを作る
みたいなことまでは忌憚なくこなすんだけど
少し思考回路を要するもの、新手の詐欺に遭遇したりだとか
今までになかったような困難に直面した時などに
判断を誤ってしまうこと。
これはお年寄りに限らず老若男女にありうることなので
加齢だけの問題ではない。

ただ、若い頃に頭の回転が早くて行動力のあった方や
何か偉業をなし得て歳を重ねても現役でいらっしゃる方が
若いころのまま突っ走って判断誤り、周りがずっこける
もしくは行き当たりばったりで行動を起こして
関わっている人たちが憤ってしまう、といったことが
ままある。

例えばお金の余裕なんてないのに若いときの勢いで
家電製品を頼んだはいいけど払う間際にお金がないと気づいて
慌ててドタキャンして業者さんに迷惑をかけるなど。
( あ、単なる例え話ですよ、た.と.え.ばな.し♪^^; )

日常生活ではなんら問題なく暮らしているので
ご本人さんたちは自らの衰えに気づいていない。
いや、衰えを認めたくない、といった方が正しいか。
末永く生きていく上ではその心意気はとても大切なので
それ自体は否定したくない。むしろそうあってほしい。

ただ、周りの人間は時としてその「 小ボケ 」に翻弄されて
あたふたする。
コレが親だとか自分が大事にしている人ならば
翻弄されても「 しゃあ〜ないなぁもう 」と諦めて
「 小ボケ 」とお付き合いするのだが。

*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆

ナベツネさんももう85歳か。
あのお家騒動も元はといえばそんなところが原因やろな。
しっかり者の「 小ボケ 」の親を持つ者ならば
容易に察しはつくと思う。
あのナントカ代表はそれに翻弄されたんやな。
それでもやっぱり読売内部ではまだナベツネさんは
エラいままのナベツネさんなんやろか?
あたしならソッポ向くけど。
それとも読売さんはナベツネさんの「 小ボケ 」に
「 しゃあ〜ないなぁもう 」と、一生付き合うんやろか?

まぁ、ナベツネさんもそれだけの偉業を成されてきた方
なんやろな、あんまり知らんけど、そう思っとこ。

大阪ダブル選挙

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ
大阪府大阪市在住のぬいいとさんです。

来る11月27日に大阪府知事選挙と大阪市長選挙があります。
はっしゃんとひらまっちゃんという知名度の高いおふた方が
名を連ねてることもあって、メディアの露出度も高いせいか
大阪市内に住んでますとね、なんだか全国的に
「 ダブル選挙 」が行われるような錯覚に陥るんです。

でもよぉ〜く考えるとこのダブル選挙って
この狭い狭い大阪市内だけのことなんですよね。
( アタリマエww )

大阪市内でははっしゃんかひらまっちゃんかで
迷ってらっしゃる方、まだたくさんいらっしゃると思います。
かく言う私もそのひとりです。

ただひとつだけ、決めていることがあります。

「 どなたが市長さん、府知事さんになっても
  あたしゃ着いていきますにょ♪」

あたしゃこの街が好きですからね。
何かやむを得ない事情が起こらない限りここにいます。
選ばれた市長、府知事がイヤでイヤでたまらなければ
街を出るか、自分が選挙にでろ!ってのが私の考えです。

ひたすら黙って服従してついて行くか、お局様根性丸出しで
後ろからヤァヤァうるさく言いもってついて行くかは
ケースバイケースで。(^皿^)ヾ

ちなみに、過去の選挙では私が推した方はことごとく
敗れています(笑)。

行動力があって今のひっ迫した大阪をどないかするには
これぐらい強引でないとアカンねやろけど
どうも私の右脳の片隅で違和感を示しているあの方か

一緒に歩んで行くには違和感がないけど今ひとつ
具体策がハッキリしていないあの方か

「 権利放棄 」はなんだか卑怯に感じるので
とにかく、選挙に行こう。

謎が解けた!

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ
只今「 ゴールデンスランバー 」観ています。

去年の始めに笑と試写会を観にいって
いたく気に入った映画。

今年の春に地上波でオンエアされるはずだったのが
なぜか急に取りやめになりました。
ちょうど東日本大震災があった後でしたが
オンエア予定の頃にはもうその他の番組編成は
通常に戻っていました。

「 なぜにゴールデンスランバーだけが急になくなる? 」
ずっと疑問におもっていたんですがね。
今、やっと謎が解けました。

「 この映画、仙台が舞台やったんや。」

スンマセン、今頃気づいて。(笑)

物語が佳境に入ってきました。
結末知ってるけど、やっぱり観ます。
えぇなぁ、なんか、こんなもの、つくりたい。
奥が深いんだけど、ちょっと笑えて、心にしみるやつ。

オンラインユーザ

ゲストユーザ: 13

おっ気がぁるに♪クリック!

ぬいいとさん

ちの晩ごはん
掃除は苦手だ!
なんてこたぁ

ない名言集
ギャラ

リー
アルバム
リンク
プロフィール
ツイッ

ター
・ぬいいとさんちの伝言板

はみがきだいすき
真中に出てくるOKボタンをクリックしてください

QRコード

等身大QRコード
CGちゃうで!( ̄^ ̄)

アクセス解析