2022年9月25日(日) 23:14 JST

起こるべくして起こる

  • 2022年5月23日(月) 09:37 JST
  • 投稿者: ゲストユーザー
  • 表示回数 33
ぬいいとさんはモノグサである。

やらなあかんな〜(やらないといけないなぁ)と思いながらついついホッタラカシ(放置したまま)にしてしまうことが多々ある。
ただそれが、もうええかげんにしぃや!ってな状態になると、絶妙なタイミングでアクシデントが起こることがままある。

掃除機かけるだけでほとんど拭き掃除しないキッチンの床。
「たまには拭かなアカンねんけどな〜」
と、思うだけでホッタラカシにしておくと、ある日突然床に大量の水をぶちまけてしまい床全体を拭かざるをえなくなる。

日々の生ゴミをとりあえずストックしておく大きなゴミ箱。
ビニール袋に入ったものをストックするのでそんなに汚れないのだが、それでも屋外に置いてるから数ヶ月経つとホコリだらけになる。
「たまには拭いたらなアカンな」
と思うだけてホッタラカシにしていると、ある日ビニール袋に穴があいてゴミ箱の中が汚水まみれ。
拭くだけじゃおさまらず、お風呂場で徹底的に洗う羽目になる。

玄関先の掃き掃除。
ゴミや枯葉がチラホラあるんだけど、なんとなく外ゴミを家の中にストックするのがイヤなぬいいとさん。
「ゴミ出しの日の朝に掃除しよう。」
と一時ホッタラカシ。
でも結局朝の慌しさに負けて先延ばしにすること幾週間。
ある日強風が吹き荒れ、吹き溜まりとなった我が家の玄関先が近所の街路樹の枯葉でいっぱいになる。
ゴミ出しの日を待たずしてレレレのレ〜と掃き掃除。

いずれの場合もアクシデントが起こった直後は
「最悪ぅーーー‼︎」
と思うけど、すぐに思いなおして
「コレは『ホッタラカシにせずたまにはやれよ』っていう天の声やな」
と自らを省みるのがもうクセとなっている。
クセって、、、どんだけのホッタラカシ人生やねん、やな。
・・・・・・・・・・・・・・
先日、このぬいいとさんのサイトをはじめ、晩ごはんサイト、ほほえみさんのサイト、全て閲覧できなくなってしまった。
主な原因はサイトのホッタラカシと、PCメールのチェック怠慢。

サイトがスパム攻撃されているというサーバー会社からの警告メールにもきづかず放置。
その結果サーバーが凍結されサイトが閲覧不可となった。

たまたまホイル焼きの加熱時間を調べるためにサイトを訪問したマタニティ雪が気づいて知らせてくれた。
雪、ありがとうな。

その後あちこちにシステムエラーが出て途方に暮れ
「最悪ぅーーー!」
となったが、geekな神(誰やねん?w)が助けてくださった。
もう西の方向に足向けて寝られない。
多謝。

作業続きで十日間ほど路頭に迷ってたけどGW明けで束の間のおひまを頂戴していたのも幸いした。

不幸中のたくさんの幸いをただ単にラッキー♪と思ってはいけない。
これは天の声が
『サイトを続けるなら責任持てよ』
ということを言ってるんだろうなと勝手に解釈した。

あ、サイト、とりあえず戻ってます。

ないやん!

  • 2022年1月13日(木) 13:25 JST
  • 投稿者: ゲストユーザー
  • 表示回数 169
「お店に有名人H、来てたらしいで!」

職場仲間から LINEが入った。
コンプライアンスに引っかからないようお断りしておくが、これはリアルタイムではなく、来店されたその数日後にH氏が自身の公式アカウントでツイートされた後にこそっと教えてくれたのだ。

ツイッターにアップされた写真を見て一気に仲間たちが食いつく。
「え?いつ来たん?何日前?」
「私、出勤してた時?」
「全然きづかなかった!」
「完全に影消してはるよね。」
などなど、口々におしゃべり。

この職場に限らず、大阪市内では有名人のロケやお忍び訪問はめずらしくないが、やはり根がミーハーな浪花マダムなのでそれなりに話に花が咲く。
ところが、話が意外な方向に逸れる。

「アレ?これ、スープ乗ってないやん!」

オーダーされたセットメニューのお食事に乗っていなければならないハズのスープがない。

「え⁉︎忘れてる?アカンやん!」
「あれ?もしかしてナイフも乗ってない?」
「いやー!あのでっかいチキンどないやって食べはってんやろ」
「かぶりついた?あかんあかん!」
「いそがしかったにしてもひどいよなぁ」
「もしかして私が乗せ忘れた?どないしよ〜」
「確かにいそがしかったけど、ホンマに忘れてる?」
「ご家族にスープあげたとか?」
「そうであることを願う!」

もはやH氏そっちのけで完全にお仕事モードである。

その後、結局H家ご家族のお食事は社員さんが直々に盛り付けまでチェックして配膳までしたことがわかった。

「なら、大丈夫やな。^^」
みんな胸を撫で下ろした。

しかし
「それって、社員さんが忘れてるかもしれんで」
とは、コーヒー屋社員2年目のY太談。

あー、H氏にたずねたい。

自作婚姻届

婚姻届の証人欄にサインをしてほしいと頼まれ、送られてきた書類をみておったまげた。

ま、まじか。





「こんな書類、よう見つけてきたな!
 最近の役所はこんなん出してるんか!」

「いや、フォトショで自分で作った。」

「こんなん通るん?」

「様式さえ守ってたら大丈夫。
 ちゃんと役所に実物みせて確認した。」

横で見ていたY太曰く。

「ほな、証人欄はデデデ大王やな。」

長女・雪にも見せて、勧めてみると

「いや、絶対ワンピースにするとか言い出すから私はええわ。」

ほなあんたの時は勝手にいろんなお気に入りキャラクター敷き詰めた婚姻届作って贈ってやろうか?
(^皿^)ヾ

コロナ禍でいろんなことが思うように捗らなかったけど、無事バースデー入籍敢行。

「役所の人の反応は?」

「無反応。超事務的に処理されたわ。」

ちょっと残念!(><)
ま、こういうのは自己満足の世界やからね。
(^皿^)

最近右脳のサビを感じて焦りがある母であるが、久々に脳みそに花が咲いた。
ありがたきしあわせ。(え?そこ?)
式も宴もないけど、これはまたこれで。

医療危機

ぬいいとさんは大阪市在住である。

非常事態宣言が出され危機的状況にあると言われているのだが、まわりに感染者がいないこともあるせいか、ついつい危機意識が薄れ気味になる。

先日、夕方のローカル情報番組でひっ迫した医療現場にカメラが入ってリアルな状況が報道されていた。
災害の時のような慌ただしい空気はなく、従事者はただ黙々と看護に当たっている。
随所にボカシがほどこされていたこともあり、ショッキングな映像はほとんどなかった。
一見地味な光景ではあったが、常駐の医師が、今、どれだけ危機的な状況であるかということを感情的にならず淡々とわかりやすく語っておられるのがかえって心に刺さった。
あれだけ毎日感染者数や病床使用率が報道されているのに数字だけでは伝えきれないもの、感じきれないものがあるんだな。

取材のVTRが終わったあと、冷静であるはずのベテランアナウンサーのきゃわちゃん(誰やねん!?)が感極まって言葉につまっていた。
その場にいたコメンテーターがみんな言葉を失っていた。
2丁拳銃・修士の嫁がうわずった声でやっと話す。

「これ、なんとかしてYouTubeとかで拡散でけへんの!?」

その後、みんなに見てほしくて動画を探してみたけど残念ながらみつからない。
どんなVTRだったか、ここで伝えたいのだけど悲しいかな言葉にできない。

ただ、薄れつつある危機意識をなんとか持ち直すことはできた。
私にできることは、まずはとにかく病院のお世話にならないこと。
感染予防はもちろん、不注意で怪我しないように、疲れためないように。
長らく続く勤務カットで日雇いバイトに出ようかとも思ったけど、やーめた♪
1日500円の内職でしばらくがんばるわ(笑)。

「酒で酔っ払った人が担ぎ込まれてきて、その人で病室がひとつ埋まっちゃうと、正直やるせない気持ちになる。」

とある医療従事者の言葉である。
怒りを覚える、ではなく、やるせない気持ちになる、なんだな。
頭がさがる思いだ。

大阪では病床が足らずに感染者が入院待ち状態であるが、遠くインドでは死者の火葬待ち状態だそうだ。
もう、ここまでで押さえておかないと。
けっこうお気楽にしてるあたしが語るのもなんなんやけど(笑)←笑い事やない。

内職・エキスパートの巻

「おかあさん、お仕事は何やってはるん?」

「あー、掃除のパートと、あとは内職」

交際中だった頃の私と彼(今の旦那さん)との会話である。

(内職かぁ。)

正直、あぁ、そうなん?としか思わなかった。
結婚してからその内職での収入が月数万円と知ってからも、あぁそんなもんなんやなとしか思わなかった。
バカにするとかそういうのではなく、まわりにサンプルがなかったのでピンとこなかったのである。

そのキャリアに気づかされたのは嫁に来て数年後のこと。

「内職、始めたんですよ♪^^」

と、私の後から嫁に来た義妹Kちゃんが。

「え?どんな内職?」

「紙に糊つけて三角くじ作るんです。」

詳細は忘れたが、確か2~3枚作って1円って言ってたと記憶する。
それでもピンとこないので突っ込んだ。

「それでどれくらいになるん?」

「1日やって500円くらいかなぁ?」

当たり前のように話すKちゃんを見て初めて悟った。

ご、ごひゃくえん?!
内職のビギナーって、そんなもんなんや!
と、同時におかあさんがやっている内職って、当たり前のレベルじゃないんやってことにやっと気づかされた。

実家へ帰ると必ず段ボール箱の山があり、パート勤めをやめてからも大工職人のおとうさんを巻き込んで(失礼!
)常になにかしらの内職をしていた。

「次から次に持ってきはるねん。」

アテになるから持ってきはるねんな。
内職だろうがなんだろうが、結局は経験、実績、信用なんや。
実家の段ボール箱の山を見るたびにそう心したものである。

その義父母も92歳と87歳。
先日実家へ帰るとまた段ボール箱が積まれてた。
最近はめっきり少なくなったそうだけど、それでもたまにこのエキスパートの元に内職はやってくるらしい。

部屋ではおとうさんが金づち片手になにかしらトントンやってらっしゃる。

「これはな、おとうさんにしかでけへんねん。
(おとうさんにしかできないの。)」

確かに、すごく簡単そうにやっているけど、よくみたら大工さんでないと到底できない作業だ。

「92歳がやってる、って言うたらみんなビックリしはるねん。」

これもキャリアやな。
いやはや脱帽である。

私の内職もこれからやな。
今は三角くじ内職と同じレベルだ。

あ、ちなみに私の家には段ボール箱の山は一切ございません、とだけ申し上げておきますね。
内職・ビギナーの巻をご覧になってそんなイメージを持った方がけっこういらっしゃったみたいなので。(^^)

ページナビゲーション