Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2018年 09月
«
»
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

新着情報

記事

-

コメント (7日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

新着メディア (7日)

新着メディアはありません。

ばんごはん!

雑記帳

ログイン

ログイン

 2018年9月26日(水) 19:50 JST

説明会詳細

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ
その説明会で、昨年修学旅行の引率をされた
ホープ先生のお話が、高校生向けなんだけど
海外にはハワイに1回行っただけの
ぬいいとさんにとって、新鮮だったので
少しご紹介しますね。

……………………………………………

私は最初、海外への修学旅行については
とても否定的でした。
わざわざ海外まで行かずとも
国内でも観るところはまだまだたくさんある
そう考えていましたが
昨年、韓国への修学旅行に付き添ってみて
その考えはガラリと変えられてしまいました。

北海道に行っても沖縄に行っても
迎えてくれるのは同じ思想を持つ
「 日本人 」です。
どこへ行っても当たり前のように温かく迎えてくれる。

でも「 韓国 」はじめ、アジアの諸外国では
決してそうではない。
日本人に対する嫌悪感がまだまだ残っていることが
実際に行って見ることによって
直接肌で感じられたのです。

「 広島の原爆資料館 」で
アメリカがやったことが語りつがれているように
「 韓国 」の戦争資料館や民族村などでは
日本がやってきたことが語り継がれています。

自分たち日本人がどう見られているか
これは国内の旅行では絶対感じることはできません。

( 中略 )

三年前には「 中国 」へ行きましたが
食べ物が合わず、少し大変な思いをしたそうです。
しかし韓国ではその点での心配はいりません。
受け入れるという姿勢がしっかりしています。
本校から200人の学生がいくわけですが
ちゃんと石焼きビビンバの器を200コ揃えて
受け入れてくれます。

もっと韓国を知ってほしい、もっと韓国にきてほしい
そういう思いの強さが伝わってきます。
子どもたちには何か少しでもいいから
そういうことを感じ取って帰ってきてほしい。
せっかく異国へ行くのですから
単なる「 修楽旅行 」に終わらせず
後々まで心に残る「 修学 」をしてきてほしいです。

……………………………………………

あたしが「 韓国 」行きたくなってきましたわ。(笑)

化石

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ
小三のY太が社会の宿題で

「 昔につかわれていた道具が
  家にないか調べてきなさい。
  持ってこれるものは持ってくること。」

なんてのが出ました。

至って現代人のつもりだったぬいいとさん

「 そんな急にいわれても… 」

があったんですが…待てよ?

「 Y太、レコードって、知ってる?」

「 何、ソレ? 」

(*`皿´)=зひぇ~~~!
もう「 レコード 」は、化石なのねぇ~~~!

で、三枚ほど見繕って渡したら・・・・・

img20070118_1.jpg


「 サザンだけでええわ。
  あ、ミスチルはないん?
  「宙船」は? 」

(#`皿´)凸 ンなもん、あるかぁ~!!

img20070118.jpg

で、あとはぬいいとさんが中学生の時
野球中継聴くのによく学校持って行った
トランジスタラジオも提供。
( この時からすでに中身は「おっさん」 )

時間あったらもっと探すのになぁ。

化石

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ
小三のY太が社会の宿題で

「 昔につかわれていた道具が
  家にないか調べてきなさい。
  持ってこれるものは持ってくること。」

なんてのが出ました。

至って現代人のつもりだったぬいいとさん

「 そんな急にいわれても… 」

があったんですが…待てよ?

「 Y太、レコードって、知ってる?」

「 何、ソレ? 」

(*`皿´)=зひぇ~~~!
もう「 レコード 」は、化石なのねぇ~~~!

で、三枚ほど見繕って渡したら・・・・・

img20070118_1.jpg


「 サザンだけでええわ。
  あ、ミスチルはないん?
  「宙船」は? 」

(#`皿´)凸 ンなもん、あるかぁ~!!

img20070118.jpg

で、あとはぬいいとさんが中学生の時
野球中継聴くのによく学校持って行った
トランジスタラジオも提供。
( この時からすでに中身は「おっさん」 )

時間あったらもっと探すのになぁ。

す、スゴイ。(σ・∀・)σ

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ
事後報告の途中ですが
ちょっと今日感動したことを…。

Y太が先日持って帰ってきた学級通信に
こんなコトが書いてありました。

「 水泳の授業 」
☆一番長く泳いだ距離★

100m以上…26人
50~100m…2人
25~50m…4人
6m…1人
   ( 33人中 )

これ、小学校三年生のデータですよ!
それも選りすぐられた33人じゃなく
正真正銘の三年生全員のデータです。
( 児童数の少なさに驚いてたりして )

スゴイ、とぬいいとさんは思いました。
みんなアタリマエのように100m泳いでる。
確かあたしたちが小学校のときは
クィックターンして50m泳いだだけでも
充分ヒーロー扱いだったような…。

まぁ昔と違って今は幼児時代から水泳教室
なんてのはもうアタリマエですもんね。

「 もやしっ子 」
いやいや、いまどきの子たちも
捨てたもんじゃ、ござんせん。
少なくとも我が校の三年生に至っては。

ちなみに25m泳ぐ事なく、幼稚園卒園時に
水泳教室を辞めたY太くんも
しっかり26人の中のひとりでしたよん♪

Y太のスタート

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ
今日から新学期。
雪・笑・Y太、それぞれ新しい学年が始まりました。

夕方まで「いきいき」にいくために
(「いきいき」って、なんぞい?って方は→こちら
持っていくお弁当が朝、間に合わなかったので
新学期早々のY太の教室に持っていきました。

 「3年1組」
31人(プラス転校生2人)しかいない学年なので
万年1クラス。組がえとは無縁なので
迷わず教室に直行しました。
 「担任はだれ?」
そーっと教室の中を覗くと、出てきたのは
 あの 「たかこ先生」。(詳しくは→こちら

 「なぜかあたしがここにいます。( ̄ー+ ̄)」
ぬいいとさんの顔をみるなり開口一番
どこか嬉しさをかみ殺したように
低い声でささやいた、たかこ先生。
 「今年は三年生を担任したい。」
そう希望をだしてくださってたようです

昨年、六年生を送り出したたかこ先生ですが
実は Y太の一年の時の担任の先生でした。
去年の六年生はちょっとカラーが特殊で
先生泣かせの学年だったそうです。
背水の陣で抜擢された、たかこ先生。
そして、とばっちりをうけたのは
持ち上がりにならなかった去年のY太たち二年生。
 (あ、でも二年生でお世話になった先生も
  とても良くしてくださいましたよ。
  感謝の意を込めて、念のために。)

てなわけで、一年ぶりに、ごたいめぇん!拍手

この先生のいいところはオモテ裏がないところ。
  (だと少なくともあたしは思う)
 「52歳、独身、こどもはいません!」
学級通信の自己紹介欄にはっきりこう書いちゃう
とっても潔い先生です。
そういや二年前も同じ事書いてたなぁ。(笑)
独身ベテラン女性教師といえば
嫌われキャラのイメージがあるけど
少なくともお母さん方には大人気です。
子ども達はどう思ってンだかわからないけど。(笑)
だって何十人もの人間をまとめ上げるには
時には憎まれ役も買ってでなければ
ならないはずだから。

 「立場上、本音を言えない。」
そのような立場のはずなのに
親であるあたし達の前でも罪のない範囲で
本音を振る舞ってくださいます。
 「心にないことは言わない。」
そんな先生だと、あたしは勝手に解釈してます。

女性から好かれる女性。
ここだけのはなしなんだけど
独身たかこ先生、この先どこかで
結婚なんてことがあるような気がします。
ものげっつー根拠のない感だけど。(笑)

オンラインユーザ

ゲストユーザ: 20

おっ気がぁるに♪クリック!

ぬいいとさん

ちの晩ごはん
掃除は苦手だ!
なんてこたぁ

ない名言集
ギャラ

リー
アルバム
リンク
プロフィール
ツイッ

ター
・ぬいいとさんちの伝言板

はみがきだいすき
真中に出てくるOKボタンをクリックしてください

QRコード

等身大QRコード
CGちゃうで!( ̄^ ̄)

アクセス解析