Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2017年 08月
«
»
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

新着情報

記事

-

コメント (7日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

新着メディア (7日)

新着メディアはありません。

ばんごはん!

雑記帳

ログイン

ログイン

 2017年8月20日(日) 11:15 JST

遺作

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ
油揚げの仕入れ先のご主人がお亡くなりになった。
午前中まで元気に店の奥で仕事してらしたのに
急に倒れて帰らぬ人となった。

…儚いなぁ。

「 何いたしましょ 」

「 …う〜ん、きつねでえぇわ。」

うどん屋にはあるのが当たり前、の位置付けで
比較的安価なゆえにともすれば軽く扱われがちな
きつねうどん。

「 きつねでえぇわ。」

とか言われておきながら、品切れだとたいそう残念がられる
きつねうどん。

「 豆腐屋のご主人の遺作やで。残りあとわずかやで。」

お客さんには言わないけれど
きつねうどんを運ぶたびに実姉 keshidama さんとそう呟く。

合掌。(-人-)
140618_1142~01

それぞれの甲子園

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ
いざ!甲子園へ!

ってことでY太は今日、リハーサルで甲子園にいったのだが
あいにくの雨でスタンド通路での簡易リハーサル。
甲子園の土を踏むのは明日までのお預けとなった。

リハ中、付き添いの団長さん方がいろんな写真を
リアルタイムでlineにアップして現場の興奮を伝えてくださる。
ありがたき幸せ。(-人-)
おはぎ売りぃの、うどん運びぃのしてドップリ仕事モードの中
ガラケーlineのめちゃチッチャい写真に心が踊る。
帰ったらタブレットで要チェックや!

さぁ、明日はぶっつけ本番だ!

*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆

「 仁はどうなってるんやろ?」

昨年夏に続き、祝!甲子園出場!となった仁の高校。
出場が決まった時には速攻仁ママから連絡があったのだが
その後お伺いを立てずじまいになっていた。
やっとこの時期になってコンタクトをとる。

なんとなく察しはついていたが、残念ながら
仁とふたりで甲子園の土を踏むことはできなかった。
今回はふたりだけでなく、同じ幼稚園仲間だったKomoも
開会式でプラカードを持つことになっていて
三人揃い踏みとなるチャンスだっただけになおさら残念だ。

仁ママから、大会前にベンチ入りメンバー選考のための
九州遠征へ行く32名のひとりに選ばれたことや
遠征前はエースからホームランを打つほど好調だったけど
遠征中は不調に終わり結果が残せなかったことを聞く。

「 やっぱり高校はキビシいわぁ!」

それでも大会前の甲子園練習には参加することになった。

ベンチ入りがダメだった時にと

「 一足お先に甲子園の土、踏みます。」

の言葉を用意していたのだが、逆にブロックで
返されてしまった。(笑)

数日後、仁の高校が甲子園練習してるローカル放送の映像が
仁ママから送られてきた。

「 仁を探せ〜!」

あまりにも一瞬すぎてワカラン。(笑)
でも、かなりオモシロがらせてもらった。

十代半ばで親元離れる決心をしたこと
甲子園に夏春出場するような高校で野球をやってること
部員百人以上いる中でまだ二年生にも関わらず
32名の九州遠征メンバーに選ばれたこと
世の中的には珍しいお話ではないけれども
それがどれだけシンドイことで、スゴいことなのか
フツウの地元の高校で万年補欠部員だったけど
かなりシンドイ思いをしたバスケット少女ぬいいとさんには
よくわかる。

って、Y太のおばちゃんに認められても仁はいっこも
うれしないやろけど。( ケラケラケラ )

Y太は今回で最初で最後やけど、仁にはまだまだ
チャンスがある。

期待してるよ〜!!

祝!甲子園出場!

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ
おとなりの府、京都の甲子園出場校が決まった。
Y太のダチが通う高校だ。

「 夢は甲子園!」
そう行って卒業していった彼、まだ一年生でベンチ入りこそ
果たせていないが、それでも夢が単なる夢ではなく
リアルに体感できるところまでやってきた。
テレビでは京都予選大会の様子がオンエアされてて
スタンドで応援する彼がしっかり映っていたらしい。

さっそく彼のママさんにお祝いメールを打つ。
そういや仁ママとは幼稚園の時にいろいろやったな。
10年後にもこんな形で魂が悦ぶことになろうとは
その頃は知る由もなかったよな。

ひとつ、ちょっとした夢がある。
Y太は今ベンチャースカウトに所属しているのだが
毎年春の選抜高校野球大会では開会式でスカウトの何人かが
お手伝いで甲子園に借り出されるという。
野球やってないけど甲子園の土を踏めるチャンスがあるのだ。
もちろんこちらの競争率も相当なもんらしいけど。

仁と並んで甲子園に出場出来れば、ちょっと、ウケるかも。

「 仁はわかるけど、なんでY太までアソコに映ってるねん!」

テレビの前で仲間達のツッコむ様子が目に浮かぶ。
( 完全妄想状態。)

塾、行けへんのん?

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ
長男Y太、中学3年生。
あたりまえなお話であるが、年明けに高校受験を控えている。

Y太は塾に行っていない。
同級生で塾通いをしていないのは学年トップクラスのK君と
学年、中の中クラスのY太くらいだけらしい。
そんなY太に同級生からこんな声がよくかかるらしい。

「 Y太、塾行けへんのん?」

自力勉強の限界を心配してくれる友人たちが
この子の周りにはたくさんいるんだなぁ。
…と、思ってたら。

「 なんか入塾者紹介したら受講料の割引があるらしいで。」
とY太。

ミ(ο_ _)ο ドテッ…。

ま、まぁ、ある意味安心した。(^皿^)ヾ
同級生に心配されるほど、我が家の方針は外してるのかと
案じていたところだ。
商人の街、大阪である。
倹約話は全然オーライだ。

「 本人が志願して行く塾代を払う余裕はあるけれども
 親からお願いして行ってもらう塾代を払う余裕はない。」

その方針が良かったのかどうかは定かではない。
最近になって
「 やっぱり塾、行っといた方がよかったかなぁ?」
と、Y太が言い出した。
「 ほな、おかんが無理矢理にでも行かせた方がよかったかなぁ?」
と母が言うと
「 いや、それはない。」
と、Y太。
優しいヤツだ。

「 とにかくワーク、買って来てくれ。」

え?お金は払うから自分で買ってこいよ!
もしくは母が買うならあなたが完全拒否ってる英語のワークも
もれなくついてきますわよん♪( ̄ー+ ̄)

よそ様の勉強濃度とは比べものにならないかもしれないけれど
この子なりに前へ進もうとしている。

その昔、小学6年生の秋に中学受験を決めた母は
準備期間6ヶ月、ワーク2冊と模擬試験3回で受験に挑んだ。
競争率3.1倍。なんとか引っかかったで。

時代は違うけど、決して正攻法ではないけど
大きな成功はないかもしれないけど、案ずることはない。

あなたは巧妙に世渡りできる「 星 」をもっている。
そこは、母が保証する。
「 今 」は中途半端だけど、将来はまんざら暗くはないハズ。

テンションあがる!

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ
雪、積もりましたよね。
すこぶる寒がりなんだけど、雪が積もると
テンションが上がりまくるぬいいとさんです。

今日は朝も早よからごはんも食べずに、子どもたちがグチャグチャに
してしまわないうちにと携帯片手に写メ行脚。

まずはすぐそばの母校。
CA390181

次なる目的地にいくために歩道橋を渡ろうとしたら…
CA390165-0001CA390167-0001
先客のあしあとあり。ちっくしょ〜!

子どもたちの通った幼稚園&小学校。
CA390181001

実は大きな内緒事をかかえているとある公園。
CA390181002

その他いろいろ撮ったけど載せきれない。
今日はこれくらいにしといたろっと。

ひとしきり撮り遊んで帰ってきたら30分以上経っていた。

「 どこほっつき歩いとんねん!犬よりたち悪いで!」
と、洗い物しながら怒る旦那様。
あ、ごめんごめん。(^_^;)

オンラインユーザ

ゲストユーザ: 15

おっ気がぁるに♪クリック!

ぬいいとさん

ちの晩ごはん
掃除は苦手だ!
なんてこたぁ

ない名言集
ギャラ

リー
アルバム
リンク
プロフィール
ツイッ

ター
・ぬいいとさんちの伝言板

はみがきだいすき
真中に出てくるOKボタンをクリックしてください

QRコード

等身大QRコード
CGちゃうで!( ̄^ ̄)

アクセス解析