Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2018年 12月
«
»
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

新着情報

記事

-

コメント (7日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

新着メディア (7日)

新着メディアはありません。

ばんごはん!

雑記帳

ログイン

ログイン

 2018年12月11日(火) 20:48 JST

たま駅長ツアー・結

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ

せっかくなのでたま駅長と記念撮影をと
子どもたちに促してみましたが、ふたりとも辞退。
そう、ぬいいとさんにもありました
どうしても被写体になりたくない時期ってのが。
無理強いせず、母だけ好き勝手に
パシャパシャやってました。^^
駅横の売店には軽い飲食物と一緒に
たま駅長グッズがいろいろ販売されてました。
ざーっと見て雄太がストラップひとつご購入。
やがて次の電車がホームにやってきて
帰路につくことに。
ホントはね、せっかく来たんだし、あともう少し
たま駅長や助役さんとふれあったり
マダムのお話をいろいろうかがったりしたかったんですがね。
まぁ、「 足らずがご馳走。」ということで
またの機会までのお楽しみということにしました。
(って、今度いつ来れるかわからんけど)

せっかくなので貴志川線沿線の見どころを
無理やりみたいに探して行ってきましたが
ん〜、外してしまいました。^^;
時期を選べば少しは他にも楽しめそうなところが
あったようなんですが…。
そうそう、「 おもちゃ電車(通称OMODEN) 」
なるものもあるんですが、この日は運休日
伊太木曾駅で写真におさめるだけにとどまりました。
あとでこのおもちゃ電車にはY太の好きな
ガンダムのフィギュアやガチャガチャがあると聞いて
ちょっと後悔。
ま、元からこの日しか日取りが空いてなかったのでやむなし。
Y太、また今度ね。(いつ来るかわからんけど)
途中、某君からの愛情こもったガセネタのおかげで(笑)
時間を1時間ほどロスしましたが
ま、無事目的達成して帰ってまいりました。
時間的なことや交通費を考えると
おそらくもう1度わざわざ貴志駅に出向く
ということはしないと思いますが
和歌山駅を通る機会があれば、その時はぜひ
再びたま駅長に会いに行く所存です。
要領わかったから今度は「 素 」で行けるし。(^皿^)゛

たま駅長ツアー・転

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ





平日とはいえ、まだ冬休み中。
混んでやしないかと人ごみが苦手なぬいいとさんは
ビクビクしていましたが、いらぬ心配でした。
駅についたいちご電車に乗り込み
まだ誰もいないうちに3人で車内の様子を
パシャパシャパシャ♪
売店で買ったおやつをつまみぃの
インターネットから取り寄せた情報を
プリントアウトしたものに目を通しぃの
あとから乗り込んできたマダムペアに
軽くガイドをしぃのと
そうこうするうちに発車〜。
都会とは違った風景を車窓から楽しみながら
約30分いちご電車にゆられて「 貴志駅 」とうちゃぁく♪
駅の出口すぐ横にちっちゃな「 駅長室 」があり
そこで駅長さんと助役さんは
折り重なるように眠っておられましたよ。
駅におりたお客さんは老若男女あわせて
20名ほどだったでしょうか。
ほどなく駅の売店のマダムが現れて
駅長室から「 たま駅長 」だけを起こして
訪問客をもてなしてくださいました。
記念撮影に応えぇの、たま駅長の近況をお話してくださりぃの
さすがに私たちに抱っこまではできませんでしたが
可能な限り、たま駅長とのツーショット撮影に応じてくださり
マダムのとても自然で温かい応対に
ほっこりいたしました。
おそらくほぼ毎日このようなことの繰り返しなんでしょうが
大半の訪問客は「 たま駅長 」とは初対面
訪問客とのニーズとたま駅長のコンディションの
双方のバランスを数年のスパンで保つのは
結構大変だと思います。
この日は20名ほどでしたが
これ位の人数が限界じゃないかな
面会できるのは平日のみというのは正解だわ
なんて、出発前から感じていたことでしたが
改めて再認識した次第です。
たま駅長への写メ攻撃は続きます〜。

たま駅長ツアー・承

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ


朝9時前に家を出て最寄り駅から天王寺駅経由で和歌山駅まで。
天王寺駅から乗った紀州路快速は比較的空いていて
相席ながら3人とも揃って座ることができました。^^v
天王寺から和歌山までの65分間
笑は持参したゲームで時を過ごします。
一番時間を持て余すかなぁと心配していたY太も
意外におとなしく窓の外の風景見ながら
彼なりにぼーっと旅を楽しんでいたようです。
ぬいいとさんはといえば、通り過ぎる駅を見ながら
遠い過去にタイムスリップしてました。
学生時代にバスケの試合でここらへんも来たなぁとか
「 あ、ふじせん(クラブの顧問の先生)お住まいの街だわ 」
とか、その他モロモロetc.
終点の和歌山についた時には正直ヤレヤレと思いました。
でも考えればその学生時代にこの和歌山駅から
我が家のすぐそばにある母校まで毎日通っていた
チームメートもいたんですよね。
恐るべし、ワカメ。(誰やねん?ソレ!)
和歌山駅からたま駅長のいる「 貴志駅 」というところまで行く
「 和歌山電鉄 貴志川線 」に乗り換えるのですが
すぐに乗り込まず、わざわざ1台乗り過ごして
「 いちご電車 」を待つことに。
お手洗いを済ませ
(和歌山駅から貴志駅まで30分かかりますもので…)
1日フリーチケットを買い
( ※たま駅長に会いに行く方へ。
   コレは是非「 買い 」です!)
かわいいたま駅長イラスト入りの時刻表を携えて
そうこうするうちに目的の「 いちご電車 」とうちゃぁく♪
もちろん写メをパシャパシャパシャ!
旅はまだまだ続きます〜。

たま駅長ツアー・起

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ
お正月休みも明け、1日働いたあとに
また定休日の火曜日でオフとなったこの日
笑・Y太と三人でたま駅長に会いに行ってきました。
実は行く前に結構迷ったんですよ。
片道2時間余り(実際には2時間半かかった)
交通費全員合わせて往復7千円弱(実際には帰りに特急のったので1万円弱かかった)
それだけかけてたま駅長に会いに行く価値はあるのか?
ネットで調べたところ、特にこの時期は
その界隈でコレといったイベントがありません。
できれば所要で和歌山方面に出向くなどの機会があるときに
便乗して企画したかったのですが…。
それでもたま駅長に会いに行くための条件
「 平日のお天気が悪くない日 」
というのに格好な日。
加えて私を含め、子ども3人が揃ってオフの日。
(結局この企画、雪には拒否られたけど^^;)
年末年始の疲れと、さぼった家事がたまったままでしたが
思い切って行ってまいりました!

たま駅長を訪ねて

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ
はるばる大阪から和歌山まで
名物駅長「 たま 」に会いに行きました。









助役の「 ミーコ (たまの母)」や
「 ちび(成長してて大きくなってたけど) 」にも
お会いしてきましたよ。









詳細は後ほど紹介しますが
「 近々行きたいので詳しく教えて! 」
って方は直接ご連絡くださいね♪^^^
取り急ぎ、アナウンス。

オンラインユーザ

ゲストユーザ: 22

おっ気がぁるに♪クリック!

ぬいいとさん

ちの晩ごはん
掃除は苦手だ!
なんてこたぁ

ない名言集
ギャラ

リー
アルバム
リンク
プロフィール
ツイッ

ター
・ぬいいとさんちの伝言板

はみがきだいすき
真中に出てくるOKボタンをクリックしてください

QRコード

等身大QRコード
CGちゃうで!( ̄^ ̄)

アクセス解析