Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2020年 01月
«
»
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

新着情報

記事

-

コメント (7日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

新着メディア (7日)

新着メディアはありません。

ログイン

ログイン

 2020年1月19日(日) 14:43 JST

ごたいめぇん♪

PTA社会見学~裁判所へ行こう!~の時に
何度か下見をして、その界隈の土地勘はあるつもりでしたが
微妙に遠回り(笑)、5分遅刻してしまいました。
とある会館内にあるレストランにつくと
「 今日は貸し切りです。」の立て看板が。
中をチラッと見ると横断幕らしきものも掲げてあり
チョイと緊張、いえ、かなり緊張!
思い切って扉をくぐると、いつかネット上で
チラリと見たのと同じ Special chairに腰掛けた紳士の姿が。
「 Nekomeさんだ。」
受付で名乗るとすべて要領得ていたNekome夫人が
温かく歓迎してくださいました。
知り合いがいなくて居心地が悪かろうと
宴の主役であるNekomeさんの隣というVIP席まで
当てがっていただきましたよ。
勿体無い、MOTTAINAI。

「 今日はおうちの方に何て言ってこられたのですか?」
ウッ!Nekomeさん、いきなり鋭い質問!
そうなんです、コレ家人に説明するのにかなり困りました。
まだ会ったこともない人の「 励ます会 」に行く、なんて
フツウに言ってもおそらく理解不能です。
このブログの前振りが異様に長かったように
わかってもらうに至るまでの説明は容易じゃござんせん。
とりあえず「 私にとってのオフ会 」として出てきました。
まぁ、旦那さんが帰宅するまでのことなので
深くは追及されませんでしたけど、訊かれたら
ここ数日の書き込み見てもらうことにします。(笑)

思えば今回に限らず、これまで私の
「 会いたい人に会いに行くツアー 」
は、とても説明するのに困難なものが多かったです。
「 オープンソースCMSのGeeklogの… 」
なんて言っても、フツウわからないし
本人でさえ説明不能(笑)。
ややこしいのですべて「 オフ会 」としています。
事実、私にとってはそうですし。

2〜30人ほどの集まりでしたでしょうか
みなさん和やかな方達ばかりで温かな空気さえ感じましたが
この会には集まってこられた方の人数分だけ
それぞれ重い物語があるんだと認識した頃に
横からNekomeさんが囁きます。

「( 自己紹介では )単なるお友達とでも言ってください
  なんなら『 愛人 』とでも。」

そうそう、そういえばこの方私のこと
「 一生肌を合わすことのない心の愛人 」
なんて言ってたこともあったよなぁ。
ということで、会の重みも考慮に入れて
「 今日初めてリアルお会いした愛人 」
と名乗ると、出るわでるわ、あとから
「 私は愛人2号です。」
だとか
「 私が愛人1号から3号に成り下がった弁護士です。」
だとか(笑)。
そのそばでは、正室がニコニコ余裕の笑みを浮かべてるし。
Nekomeさん、リアルなら修羅場必至、流血沙汰ですよ。
気ぃつけなはれや!
( 鶴瓶の物まねしてるチャンカワイ風に
  ↑↑↑お笑いに興味ない方はスルーしてね ♪)

初対面ということと、会の主旨からしてこの日Nekomeさんとは
当たり障りのないお話だけで終始し、会は御披楽喜。
うん、あの場で「 マジ下ネタ 」や「 阪神アカンがな 」
の話はできない。( したけど(笑)。 )

帰りがけに
「 一生肌を合わすことのない 」
と断言したNekomeさんに、そうはさせじと
こちらから猛攻。
って、握手しただけやけど。^皿^

正室にも握手を求めて日頃の無礼を陳謝。
夫人は奇遇にも私と同じ、生野出身の方で
私が生野在住であることもすでにご存知でした。
( あ、そういや受付で住所、書いたっけ。^^; )

Nekome夫人、曰わく
「 生野のどの辺ですか?
  私、〇×小学校、△□中学出身なんですよ。^▽^ 」
にこやかに尋ねてこられる夫人に口ごもってしまった私。

だって…さっき世間話してたときに
「 ソレだけは家内の前では口にしないで。」
って、Nekomeさんに言われたとこやもん。
言えんわ。
「( ぴーーーー )学院出身で、今も
 その母校のすぐそばに住んでいる。」
なんて。
………………………………………………
長時間の外出がお身体に負担であることや
会食中もほとんどなにも口にされなかったことが気になり
次の日、お伺いメール。
やっぱり、だいぶお疲れ出されていたようです。

「 便器とお尻が壊れるんじゃないかと思うくらい
  ×××が出てきました。」

あ、Nekomeさんとはこんな会話、日常茶飯事でございます。
この方ね、私のブログ熟読なさったようで
私が嫌がる下ネタとそうでない下ネタを熟知してらっしゃり
いつもそのキワキワのところを攻めてこられます。

会食中あまりの食の細さに、いつもこんな感じなのかと
案じてたのですが
「 そうか山のような×××か。
  普段はちゃんと食べてらっしゃるのね。」
と、行間を詠むぬいいとさんでした。
( いや、ソレは行間とは言わんやろ! )

さて、今度はいつお会いできることやら?

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://nuiito3.com/trackback.php/20100921120722669
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。


オンラインユーザ

ゲストユーザ: 12

おっ気がぁるに♪クリック!

ぬいいとさん

ちの晩ごはん
掃除は苦手だ!
なんてこたぁ

ない名言集
ギャラ

リー
アルバム
リンク
プロフィール
ツイッ

ター
・ぬいいとさんちの伝言板

はみがきだいすき
真中に出てくるOKボタンをクリックしてください

QRコード

等身大QRコード
CGちゃうで!( ̄^ ̄)

アクセス解析