Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2021年 01月
«
»
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

新着情報

記事

-

コメント (7日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

新着メディア (7日)

新着メディアはありません。

ログイン

ログイン

 2021年1月28日(木) 01:21 JST

Google先生

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ
もひとつ、英会話のお話。

自宅でGoogle翻訳を使って自主練習。

What do you do?
(あなたの職業はなんですか?)
とたずねられたら。



はぁはぁ、そういえばいいのね?
と、頭では百も承知。
問題はアウトプット。
きちんと相手に伝わるように話さなくちゃ。

なので今度はGoogle先生のマイクに向かって話してみる。

「あいうぉーくあっとあれすとらん、いんあんあみゅーずめんとぱーく♪」

するとGoogle先生にはこう聞こえたらしい。



た、たまねぎってか!

意外とむずかしい "th"

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ
しつこく英会話講座でのお話。

レッスンの時間が少し余った時のこと。

「いい機会なので "th" の発音練習しましょう。」

と、レッスン生にティッシュペーパーが一枚ずつ配られた。

「まず両手でティッシュペーパーを持って、目の前に垂らしてください。
 次に歯と歯の間から舌を1センチ出して。
 そしてそのまま勢いよくペーパーに息をふきかけてください。
 勢いよく、何度も吹き上げて。」

わかりづらいことかと思うので、実際にやってみるとこんなかんじ。

"th" の発音

単に舌噛んで発音すればえぇっちゅうもんではなく、けっこう息を吐かないとこの "th" の発音はネイティブには伝わらないとのこと。

元々英語っていうのは肺活量がいる言語だそうだ。対して日本語はそれほど息の強さを必要としない。

「だから日本語ばかりしゃべってるといざ英語をしゃべるときに息が足らなくなる。
 なので私は毎朝起きた時にコレをやってます。」
それが先程の "th" 発音練習だ。

先生は英会話講師のほかに、インバウンドさん相手のお仕事もなさってる。
だから普段から我々より何百倍も英語で会話する機会が多いはずだ。
それでもである。
あれだけ流暢に喋っていても、である。
プロならばこんなのはトーゼンで「努力」とは言わないんだろうな。
たった数回レッスン受けたぐらいでいい気になってボケかましてたらアカンな。
懲りずにかますけど(笑)。

"th" の発音も勉強になったけど、それ以上にこの先生から学ぶことはたくさんある。

え?なに?先生、職場・夢がある村に英会話教えにきたことがあるって?

英語でボケたい

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ
英会話に通いだしてしばらくした頃のお話。
職場のレジでインバウンドさん相手にちょっとボケをかましてみたくなった。

ぬ"Where are you from?"
  (どちらからおみえですか?)

イ"Australia."
  (オーストラリアだよ)

ぬ"Nice! How did you come in Japan,airplain or swimming?"
  (いいですね!どうやって日本に来たんですか?飛行機?それとも泳いで?)

イ"(笑)Swimming?! Too far!!(笑)"
  (笑)泳いでぇ!?遠っ!!(笑)

ウケた。(^^)q
調子に乗って今度はアジア系の方にふっかけてみる。

ぬ"Where are you from?"

イ"Chinese."

ぬ"Nice! How did you come in Japan,airplain or swimming?"

イ"(しばらく考えて真顔で)airplane."

・・・すべった。(^^;)

~~~~~~~~~~~~

英語が堪能な方が相手だと、こちらが拙い英語を喋っていても理解していただけて、なんとなく会話が成立する。
ところがノンネイティブ同士になるとなかなか成り立たない。

そんな場合はどうしたらいいのか?
何か術やコツはないのかな?
その辺りを先生に尋ねてみたところ、こんな答えが返ってきた。

「それはもういろいろたくさん話しかけて自分でみつけていくしかないですね~。(^^)」

あー、やっぱり自分で開拓していかなきゃいけないのね~。

この期におよんで

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ
実は昨年秋から英会話講座にいってる。

今からTOEIC800取ろうとか事業で海外進出しようとかそんな大それたことはこれっぽっちも思っていない。
今の職場状況では中学生レベルの英語が「話す」ことができればまずは御の字なのである。
しかし駅前なんとか系の教室で月に何万円も払ってやるにはフトコロがちと痛いし、そこまでしてがある。
中学生の英語テキストからやろうか?いやそれでは「話す」ことはできない。
ネットやEテレのお世話になるか?いや、きっと続かない。

お金も気力も持続可能な術を探しに区役所へ赴く。
・・・・・あった。^^
自転車で行けなくもない所で、私にとって無理でない受講料、超初心者向けという誠にありがたい単発講座を見つけた。

初心者向け、平日午前の講座とあって、回りはナイスシニアばかり。
居心地良すぎる(笑)。

講師はアラサーの癒し系イケメン先生である。

「あせらず、一歩ずつ、着実に、楽しく」

この先生のモットーである。
回りの方々も穏やかでマイペース、リピーターが多いのもよくわかる。
居心地良すぎる(笑)。

しかしその言葉に甘えてせっかく習った諸々を復習しないまま、あっちゅう間に所定の10レッスンがおわってしまった。
いくつしゃべれるようになったんやろ?
焦らなさすぎにもほどがある。

引き続き同じ内容で開講されることになったので、ワークメイトも誘ってまたワンクール通うことに。
そのレッスンもコロナの煽りで4回で終わっちゃたけど。

おっきなオフが舞い込んだのでレッスン中になぐり書きしたノートを復習がてらまとめてみた。
ただ、いくら復習したとて、いくら必死で覚えたとて、しゃべって落とし込まないとダメなんだよな。

英会話教室にまつわるエトセトラはまだあるので、追々と。

トライじゃ!!

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ
ママ友の飲み会にて。

タケちゃんママ(山ピーママやったかな?)がエエこと言ってた。
以下、うろ覚えだけど全文。
――――――――――――――
やりたいことがいくつもあるときは、優先順位をつけて上からやっていくのではなく、とりあえず全部やってみること。
なぜなら優先順位の上からやっていくと、順位の最後の方のことができなくなるから。
すべてをまんべんなくやるのではなく、度合の濃淡をつけてでもいいからとにかく全部やってみること。
――――――――――――――
(  ̄~ ̄) なるほど。

人それぞれなので、100%鵜呑みにして皆さんに強要するつもりはないが、これもひとつの方法だなぁと思った。

ぬいいとさんも五十路も半ばを過ぎ、そうそうやみくもになんでもかんでもできない年頃である。
ただ、今の私は、氏が変わって以来一番フリーダムであるといってもいい状況だ。
そしてそのフリーダムもまたいつ状況が変わるかわからない。

要するに今のアタシは「今でしょ!」なのである。

あーでもない、こーでもない、と思案せずママ友の格言通り、ぬいいとさんお得意の
「右脳の赴くがままに動く」
に、拍車をかけることにした。

まずは前述のおーでぃしょん
結果は見事に不合格だったが、まずは受けること自体が目的だったのでそれはそれでクリア。

不合格となったために予定に「空き」ができたので、やろうかどうしようか保留にしていたことを進めることにした。

「今はあんまりやりたいと思わないけど、ふまえておいた方がよいと思われる講習会」
なんじゃそら、ですな。
またお話聞いて(読んで)やってくださいな。

「挑戦すること」とは、何かを成し遂げるための行動であるだけではなく、時として何かを取捨選択する手段にも成りうるんだな。
新しい発見だ。

オンラインユーザ

ゲストユーザ: 27

おっ気がぁるに♪クリック!

ぬいいとさん

ちの晩ごはん
掃除は苦手だ!
なんてこたぁ

ない名言集
ギャラ

リー
アルバム
リンク
プロフィール
ツイッ

ター
・ぬいいとさんちの伝言板

はみがきだいすき
真中に出てくるOKボタンをクリックしてください

QRコード

等身大QRコード
CGちゃうで!( ̄^ ̄)

アクセス解析