Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 11月
«
»
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

新着情報

記事

-

コメント (7日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

新着メディア (7日)

新着メディアはありません。

ログイン

ログイン

 2019年11月19日(火) 00:54 JST

返答に困る挨拶代わりの質問

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ
整骨院に行くと、あいちゃん先生にもたくちゃん先生にも
「 調子はどうですか?^^ 」
と必ずたずねられる。
「 めちゃくちゃ悪いです!」
と答えるぬいいとさん。
調子よかったらけぇへん( 来ない )がな(笑)。

メールのやり取りが始まってかれこれ1年になる
愛称ヨン様が、答えに困る質問のひとつとして
「 躰の調子はどうですか? 」
を挙げられていた。
ほぼ車椅子の生活、調子がよいわけがない。
出会う人たちが何気に挨拶代わりに投げかけるこの言葉に
このヨン様はうんざりしながらも
適当に受け流すことなく、律儀に正直に
「アブドラザ・ブッチャーとスタン・ハンセンから
 同時に攻撃されているみたいに悪いです」
と、質問の主にすんなりインストールされるように
相手が興味のある世界に引っ掛けた
わかりやすい罪のない言葉を選んで真っ当に答える。
「 この技、私もどこかで応用したいよな。」
なぁんて思いながら自分に置き換えてみるぬいいとさん。
………………………………………………
最近ぬいいとさんが返答に困る質問のひとつに
「 いそがしい?」
がある。
主に何か頼まれごとがあるときによくひっついてくる言葉だ。
まず、100%ヒマであることはない。
職場で週一回ある定休日以外は
もれなく毎日出勤だ。
シフトもへったくれもない「 ガチ 」の人手でやっている。
まぁ、返して言えば「 週一回の休みは必ずある 」
ということでもあるんだけど。
世の中、休みなしで働いてる人も少なくはない。
最低限の休息は与えられているわけだ。

勤務時間に至ってはフルタイム出勤の人がきけば羨む
「 5.5時間勤務 」だ。
出勤前に一通りの家事はこなせる。

ただ、シフトもへったくれもないのでおいそれと
休んだり抜けたりはできない。
特にお昼の2時間は子どもの運動会だろうが卒業式だろうが
ピンポイントに「 2時間出勤 」を余儀なくされる。
「 身内でやってるんだから少しくらい
  無理言って抜けさせてもらえるでしょ?」
外の仕事だろうが家の仕事だろうが
抜けれるときゃ抜けるし、無理な時は無理だ。

コレを恵まれているかそうでないかは
皆さん勝手に判断していただくとしてっと。

私たちの年代はおおむねみんないそがしい。
たとえ仕事が休みでも、仕事をしていなくてもだ。
家事・育児・介護…
「 みんな、いそがしい 」
ということが頭にあるのと、根本的に
「 りっしんべんに亡くなる 」と書く「 忙しい 」
という言葉を安易にに多用すると
本当に心が亡くなってしまうような気がして
できるだけつかいたくないという変なプライドも手伝って
「 ぬいいとさん、いそがしい?」
には返答に困ってしまうのである。

ただ、不思議なことに少なくともココへきて
私の他愛もない独り言を何も言わず聞いてくださるような
奇特な方々は不思議とこのような問いかけは
全くと言っていいほどみなさんなさらない。
何かたのみごとがある時は「 直球勝負 」で来られる(笑)。
また、私よりもっと慌ただしくしているにもかかわらず
「 お時間あるときによろしく 」
と、元来行動が遅い私を見越して
気遣ってくださる方もいる。
本当にありがたきひとたちに囲まれている。
ただ残念なのは、繋がりがWeb中心なので
「 リアルに出会う機会が少ない 」
ということ。
………………………………………………
さて、ここのところちょっと飛んでくるようになった
「 ぬいいとさん、いそがしい?」
今のところ長々と説明するのも大変なので
「 めちゃくちゃいそがしい!」
のひとことで片付けちゃってるけど
ヨン様みたくちょっと相手笑かして伝えられればなぁ。
いや、でも私の場合は変に装飾品つけずに
愛想のないシンプルなものの方がいい場合もあるな。
使い分けできればもう上級者の域だな。
ちょっと修行しよう。

あ、それから最後にひとつ。
「 なんやかや言いもってブログ書くヒマあるやん!」
と、思われた方へ。
ブログの記事も一気にはかけないけど
朝にひと用事したあとにできた時間やら
ばんごはんで煮物してるあいだやら
お風呂で豊満なお胸を湯船に浮かせながら浸かってる時や
( 大ウソ。でも考え様によっては遠からず。)
ちょっとした待ち時間など
数分、数十分の細切れ時間で携帯使って分割して書けば
結構書ける。
時間かけすぎて、旬が過ぎてしまうこともあるけど。^^;

先入観

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ
サクマ式ドロップ、おいしいですよね。
オーソドックスでへんなクセがなくて
「 昔ながらの味 」なんだけど、ウチの子たちをはじめ
今の子たちにも比較的定番のおやつとして
受け入れられてます。

でもアレって、いろんな味があるけど
「 色 」によって左右されてる部分って結構あるんじゃない?
なぁんてひねくれ者のぬいいとさんは
ついつい思っちゃうのです。
オレンジ色だから「 みかん 」だとか
きみどりだから「 メロン 」だとか。
もし仮にサクマ式ドロップの味だけはそのままにして
ドロップの色を全部同じ色に統一したとし
サクマ式ドロップであることを伏せて
おもてなしの場に何気に出したとしたら
明らかに「 コレは何味!」ってわかるのって
コーヒー、はっか、グレープくらいだと思うのは
私だけでしょうか?
あ、別にサクマ式ドロップを腐してるわけじゃないんですよ。
どの色もそれぞれとてもいいお味を出してて
私の中では「 キングオブドロップだ!」
と位置づけているといっても過言ではありません。

あと、ご存知の方いらっしゃるかなぁ…
「 バナナカステラ 」
ひょっとして見かけるのは大阪だけかなぁ
スーパーでちょこちょこ見かけるこれまた昔ながらのおやつ。
バナナの形をして、中心に「 バナナ餡 」みたいなものが
入っているんですが、うまいまずいは別にして
私はどうも「 バナナ 」の味がどこからも感じられない。
あ!別に「 バナナカステラにバナナが入ってない 」
なんて言ってるわけじゃないんですよ。
私、成分表示をみたわけでもないですしね。
べつにバナナが入ってるか否かは私にとっては
どうでもいいことなんです。
比較的安価なおやつだし、根強いファンもいらっしゃるので
「 バナナカステラ 」にはこれまで通り庶民の味として
我が道を行っていただきたいと思っています。
ただ…
「 バナナカステラも形を丸くしたら
  ○×まんじゅう、なぁんて別物になる?」
とか言っちゃったらバナカスファンや生産者さんに
おこられちゃうかな?

要は「 先入観 」に左右されることって
けっこうあるよね♪ってことをいいたかったわけでして。
………………………………………………
仮にバナナ嫌いな人がいたとしましょう。
あるもてなしの場に招かれて
そこに「 コレ、美味しいのよ~ 」と
「 バナナカステラ 」が出てきた場合
その時に予想されるバナナ嫌い君のとる行動と心理は
様々だと思います。
全く食べられないワケじゃないし、先方さんに悪いからと
黙って流し込むバナナ嫌い君。
今後のお付き合いのことも考えて、ハッキリと
「 バナナが嫌いなので 」と言えるバナナ嫌い君。
「 アレルギーがあるから 」と無難な理由で
その場を切り抜けるバナナ嫌い君。

いろいろあるでしょうが、招いた側の気持ちを
ありがたく受け取るという心があれば
どれもオーライ、あとのフォローは自己責任で
といったところでしょうか?

ただ、もうひとつ選択肢をいれるとすれば…
「 ん?『バナナ』なんて銘打ってるけど
  なんだかバナナっぽくないなぁ。
  ほんとはバナナじゃないんじゃない? 」
と、先入観を一度取り除いてみるのもありかな?
と思います。
先入観を取り除いてたべてみたら
「 あ、さほど毛嫌いするほどでもない 」
が、あるかも?

別のお部屋で「 バナナ談義 」が勃発し
「 ○×まんじゅうは買いません 」
とお返事があり、
「 いや、買う買わんじゃなく
  私の言いたいことは… 」
とその場に関係ない視点でのお話をうっかり引っ張り出して
長居しそうな勢いになってしまったので
ここでかねてより思っていることも含めて吐き出し。

「 先入観 」

取っ払うって、なかなかむずかしいなぁ。
でもそれを取っ払うことによって得られることも多々あります。
私の最近の収穫は…「 寒天もち 」。
話し出すと長くなるのでこのへんで。

「 シングルマザーだから 」
「 障害者だから 」
そんな先入観を持っていては付き合ってられない
とてつもないすごいパワーを持った人たちが
なぜか私の周りにはけっこういる。

好きなこと

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ

「 好きじゃないこと 」
ばかりを綴ってたら
「 じゃあ、ぬいいとさんの好きなことって
いったい何なん?!」
という突っ込みがはいってまいりました。(笑)

コレね、あらためて訊かれると定義付けが
むずかしくてですね。^^;

なので思ったことそのまま羅列していきますので
適当にご判断願います。^^

・根本的には「 自己表現するのが大好き 」
見かけは地味ですが自己顕示欲の塊です。
ただ、「 有名になりたい 」というのとは
ちょっと違います。
「 一目置かれたい 」かな?

・サプライズを提供するのが好き。
大きなサプライズはなかなかだけど
たとえばお客さん相手に小さなサプライズを
常日頃から心したりだとか、些細なことも含めて。
特に鼻で笑いながらも
まぁしゃぁないなぁ勝手しぃ的に
( まぁ仕方がないなぁ許してやろう的に )
「 おバカだねぇ 」
と言われるようなサプライズを作り出すのが好きで
日夜そのネタを探しています。

・好き、キライに関わらず
「 コレは自分にしかでけへんやろ? 」
ってな事柄にはつい反応してしまう。
私がGeeklogSNSの末席に座ってるのも
それがあるんじゃないかなと感じているから。
最もそれ以上に得るものが多すぎるというのもあるけど。

・音楽が好き
ぬいいとさん、実は「 耳派 」です。
ただ作ること、奏でることは一切できません。
音楽に携わっている方がうらやましい
…と、言わなくてもいいような「 何か 」を
取得するのが今後の課題です。

・食べることが好き
つくることは好きキライ以前にもう私のなかで
「 ノルマ 」として植え付けられています。
経済的な理由、もしくは家庭的な事情で毎日作ってます。
また、自分で作った方がおいしいものは自分でつくります。
あとなぜつくるかというと…
家庭で私の存在価値を表せる唯一の手段だから、かな?
いずれも根底には「 食べることが好き 」があります。

・以上のようなことをなし得るために行うことは
元来そんなに好きなことでなくても
やっているうちに夢中になってしまう。
料理にしてもそう、絵を描くことにしてもそう、チラシ配りもそう。

・時間を絞り出してでもやりたいほど
好きなことってのはなかなかみつからないけど
時間が際限なくあるとすれば
好きなこと、やろうと思うことはいっぱぁいある。

・状況によって同じ行動をとるにしても それが好きなことになったりキライなことになったりする。
たとえばPTA活動にしても、生活に余裕があれば
いくらでも楽しいものにしちゃうけど
そこに日々のノルマが付随して時間的身体的に
余裕がなくなってくると一転
気乗りしないものになってしまいます。
なんにつけ、いったん手がけたものは
そうならないように創意工夫はしてはいますが…
あとはふかさんのおっしゃるとおり
「 絵を描くのはすきじゃないけど本当は好き
逆もまたしかり。」
てな感じです。

・番外編
もう少しホームページ作成の勉強がしたい。
今唯一私が時間を忘れて没頭できるもの。
ただ、没頭しすぎて家事に悪影響が及ぶので
セーブしてしまっているのが現状。

よく巷で
「 やる気になれば隙間時間で勉強できる 」
と言われるし、事実その通りだと思うが
場合によっては、特に真新しいことを学び始めた頃は
「 かたまった時間が必要 」なことがあります。
去年はDTPにそれを費やしました。
今年は…( なぜにフェードアウト? )

・そしてほんとぉ~にやりたいことは…
恥ずかしいからコアな方だけに
コソッと話すことにしようっと♪ 
ないしょナイショ。(^皿^)ヾ

絵を描くのはそんなに好きじゃない

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ
実は本当のところ、私は「絵を描く」という作業自体は
あまり好きではない。
お料理はそんなに好きじゃないを綴ったのは
実は私における「絵を描く」ということに
通じるものがあるからだ。

これまでも単発にではあるがイラストの依頼は受けていた。
過去の挨拶状なんかもお披露目している。
やりたいことを読んだ方は
「ぬいいとさん、絵を描くのが好きでたまらない」
の印象をお持ちになった方も多いと思うが
実は描く作業自体は苦手なのである。

「コレコレこういう絵を描いてほしい」
と言われれば、とりあえずひとつやふたつは形にできる。
でも常にイラスト集は手放せないし、状況が許せば
とことんフリーのイラスト使いまくりだ。
とにもかくにも「描く手が遅い。」(笑)
どうあがいても高級料亭や三ツ星レストランの壁に飾られるような
りっぱな絵画は描けそうにないし
また、そこの壁を越えて絵描きを極めるつもりは
毛頭ない。

それでも、これから絵を描こうとしているのは
「 自分を表わせる手段が今はこれしかないから。」
音楽の心得があればきっと唄にしていたと思う。
運動神経がよければその道で自己表現していたかもしれない。
「食」で表現することもできるが、それは今は時期ではない。
今やりたいのは「絵」で表現すること。
私が本当にほしい絵は、自分で作るしかないのである。

そしてもうひとつ描く理由は
「 思いのままに描けた時の達成感がたまらない 」
何じゃかんじゃ言ってもこれに尽きる。

私の中のルールを書いたのは
これから振りかかってくるもろもろに対して
少しでも優先順位をわかりやすくするため。
まずはビジネス優先、その次に自分、その次に他人。
いや、本当はそんなルール、自分の中では
とうの昔からできあがってたんだけど。
ただ、以前は自分がやりたくて自ら買って出たものが
今後はそうでなくなるものが多い、ということを
こんなところでコソッと宣言。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんなことを綴ろうとしていた先日のオフに
この秋にどえらい事を企てている友から
「お仕事の依頼」があった。
「あなたのイメージで天使のイラストをお願いします
 但し、報酬期待薄。」
なんとビミョーやなぁ!(笑)(笑)
彼女が企てているイベントの趣旨は把握済みで
いっちょかみの私もどこかでぶら下がる所存だった。
ただ、今は個人的にはパワー不足
自ら湧き上がってくるものがあるまでしばし充電しながら
静観するつもりだった。
もちろん、参加の折には報酬度外視の心づもりだったのだが。

「仕事」ってかぁ!しかも「報酬期待薄」やて!^皿^
「報酬なし」なら「ソレ仕事ちゃうやん!?」って
突っ込んでこの依頼、後回しにするのに(笑)(笑)。

折しも広報紙の発注を終え、別の友から依頼されている
2年ぶりのおおきな仕事
返事待ちで作業休止状態、急に出来た隙間時間に
「はてさて、なにすんべ?」と思案していたときに
この依頼メールである。
意識的、無意識的かかわらず、どこまでも
ツボを押さえてくるのだ、この方は。
で、私の中のルールからすれば「とりあえず、描け」である。
イラスト集片手にラフスケッチしたものを写メで送ると
「楽しんでるね♪」のお返事。
いや、正直、楽しんでるというよりは「お仕事モード」だ。(笑)
何度も申しあげたとおり、絵を描くこと自体は
そんなに好きじゃない。(笑)

自ら湧き出るものが出てくるまでもう少し待ってほしかったが
返せば「そんなもん待ってたら祭りが終わる」とも言えた
今の私はそんな状態だ。
ほどなく見たサイトによると、彼女の周りには
他にも絵が描ける方がいっぱいいる様子
ひとつひとつ私がいなくても大丈夫な役目を捨てていくと
「とどのつまり、自分が描きたい絵を描けばいい」
という彼女の言葉が次第に私の中にインストールされていく。
要するに彼女はくすぶってる私の「背中を押してくれた」というわけだ。

こちらが要求した「報酬」、快諾してくれてたけど
彼女の相場からして、ちょっと高かったかな?ま、いっか。
それ以前に、まだできていないけど。(焦)

お料理はそんなに好きじゃない

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ
栄養士・調理師の免許を持っていて
「 食 」に関する仕事に随時ついていて
毎日ごはんをつくるのが当たり前の体( てい )で
その上ご丁寧に「 ばんごはんサイト 」まで立ち上げてる
今日のぬいいとさん。
「 料理を作るのが好きでたまらない 」
の印象をお持ちの方もいらっしゃるかもしれないが
実は本当のところ、あんまり「 好き 」という自覚はない。
いや、元々は「 好き 」から始まったんだろうけど
今はそうでもない。
絶対上げ膳据え膳の方がいいに決まってる(笑)。

家庭においては一応毎日体裁は整えているが
20年作り続けているにもかかわらず
未だにレシピを見ないと作れないものもあるし
高級料亭や三ツ星レストランに勤めたとしても
3日で三行半突きつけられるほどの腕しかないし
また、そこの壁を越えて料理をきわめようという考えも
毛頭ない。

でも、それでも毎日作ってる。

理由は
「 経済的なこと 」(笑)。
やっぱり自分で作るのが一番安い。
「 食べに行く方が安上がり 」なひとり暮らしになれば
きっと食べに出てばかりか、スーパーのお惣菜やレトルトで
まかなっちゃうんだろうな。

あともうひとつは、自分で作った方がおいしいものや
自分にしか作れないものがあるから
というのも理由のひとつ。
たとえばタルタルソースはどんなに手間がかかっても
自家製だ。
酢豚ベースはタマノイに頼りまくりだけど(笑)。

ただひとつ、自分のなかで確固としてもっているものは
「 食に関しては何を振られても即座に線引きができる。」
ということ。

たとえば
「 コレコレこういうことを1万円でやってほしいんだけど 」
という依頼がきたとした場合、状況に応じて
やるかやらないかは即座に判断できる。
もっといろいろ例をあげたいけど
出勤時間が迫ってきたので省略。

要するに言いたいことは…
「 デザインやホームページ作りに関しても
  同じスタンスでやっていこう 」
ということに決めたこと。

細かいルールは私の中にある。

オンラインユーザ

ゲストユーザ: 17

おっ気がぁるに♪クリック!

ぬいいとさん

ちの晩ごはん
掃除は苦手だ!
なんてこたぁ

ない名言集
ギャラ

リー
アルバム
リンク
プロフィール
ツイッ

ター
・ぬいいとさんちの伝言板

はみがきだいすき
真中に出てくるOKボタンをクリックしてください

QRコード

等身大QRコード
CGちゃうで!( ̄^ ̄)

アクセス解析