Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2018年 01月
«
»
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

新着情報

記事

新着記事 1件(7日)

コメント (7日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

新着メディア (7日)

新着メディアはありません。

ばんごはん!

雑記帳

ログイン

ログイン

 2018年1月18日(木) 09:03 JST

野良猫アメショー?

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ

コレ、アメリカンショートヘアですよね?
ウチの近所にも野良猫がそこ此処にいるんですが
たまに見かけるんですよね、アメショーの野良猫。
写真の猫は左目が負傷してて、目つきももう野良猫です。
こころなしかお腹がぽってりしてたけど
もしかして、オメデタ?
ただアメショーの特質である「 人なつっこさ 」は
持ち合わせているみたいで、こちらが様子伺ってると
ふつうの猫ならサッと逃げちゃうのに
この猫は逆に近寄ってくるし
カメラむけてもお構いなし。
仕事帰りにちょっと戯れてしまいました。
あ〜、猫飼いたいなぁ。

四天王寺さん

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ
img20071106.jpg
小学生ぬいいとさんが「 庭 」のようにして
遊んでいた「 四天王寺さん」の五重塔。
「 聖徳太子建立の寺 」
ってことはその時から存じておりましたが
「 日本仏教最初の寺 」
なんてことは、昨日見たクイズ番組で
初めて知りました(笑)。←笑うしかない。
「 一昔前には境内を必死で掘り起こしたら
  古銭が出てくることがあった。」
こととか
「 通称『亀の池』では縁日で手に入れて
 結局飼えなくなって捨てられた
アカミミガメが山のように生息している」
こととか
http://nuiitosan.blog.drecom.jp/archive/302
小学生がなけなしの小遣い銭払ってまで
有料トイレを使うほど、とんでもなく
汚れによごれた公衆トイレが
数十年前まであったこととか
太田さんとこのオバチャンが
境内でハトのエサを売ってたこととか
そんなしょーもなぁーいことは
ヤマほど存じあげているんですけどね。
そんなぬいいとさんも夜の四天王寺さんの
五重塔がこんなにきれいに
ライトアップされているなんて
全く存じあげておりませんでしたのよ♪
そういや寺の中で有料で見学できるエリアが
あるんだけど…観たことないなぁ。

レトロが街ゆく。

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ
近所を歩いていたら、こんなのに出くわしました。
ubaguruma.png

むかしながらの乳母車。
コレを押していたのは乗っかってる赤ちゃんの
ひいおばあちゃま。
レトロだけどかごのお手入れはきちんとされてて
足下にはなんてこたぁない小物のおもちゃがあって
・・・きっと温かい人に育つんだろうな
いや、育ってほしいよな。
ブログに載せる前にお顔にモザイクいれなきゃ
なーんて考えてたら、ごらんのように
その手間省いてくれました。
孫生まれたら譲ってもらおうかしら??
( いつのはなしやねん?! )

我が母校

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ
img20070918.jpg

黄昏時に元お向かいの豪邸Nさんに遭遇。
( 今もご近所にお住まいです。)

「 P学院がキレイにライトアップ
  されてる~て聞いたんで
  ちょっと覗いてきましてん。(^-^) 」
へぇ!それは知らなんだ!
で、数十メートルしか離れてない母校なので
さっそく覗いてきました。
以前は学校のまわりが全て塀で囲まれて
中の様子はうかがえなかったのですが
今はセキュリティー大丈夫なんかい?ってほど
オープンな造りになってます。
ちなみに上のライトアップされてるのは
以前「 昇降口 」とよばれた通用門で
生徒たちの靴箱があったところ。
今は…(・_・)エッ....?
こ、これぞまさしくあの「 昇降口 」ィ?
( 今は昇り降りしなくても
  よい造りになってるけど。)
外から靴箱、丸見え。
な、なんてオープンな。(^_^;)
側には鯉が飼えそうな( 飼ってないけど )
ちょっとした池もあります。
母校も2年ほどかけてようやく全校舎の
建て替えが終わりました。
たぶん娘たちは通うことはないと思うので
また見学会なとあれば中まで
覗いてきたいなぁと思います。
校舎のライトアップは夜7時半までと
なかなかみなさんご覧になる機会は
ないかとおもいますのでここらで御披露目。

img20070918_1.jpg

モラルハラスメント

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ
「ぬいいとさぁん、私、家出てン。」
今日久しぶりにお会いした彼女から
このようなご報告をうけました。

彼女とはめったにお会いすることはないけど
道ばたなどでばったり出会えば
軽く井戸端会議が花咲く間柄。
そんな彼女と数年前、ひょんなことで
数時間話し込む機会があり
結構内容の濃いお話を伺うことがありました。

内容は「家族のこと、特に夫婦間の問題」
細かくお話しを挙げればキリがないので
ここでは省略しますが、ひとことでいえば
「モラルハラスメント」
感情的になるでもなく、少し笑さえも浮かべながら
フツーの井戸端会議のようなテンションで
家の中での様子を語る彼女。
この手のお話は
「相手(ここでは旦那)の言い分を聞いてない」
こともあって普段なら本人さんの言い分を
6~7割にして聞くのですが
それでも、ちょっと、ヒドイ。
目に見える暴力じゃないだけに、また
モラハラしてる本人にはほとんど自覚症状がないだけに
現れにくい問題です。
旦那様の年齢からして改善の見込みも極めて少ない。
「 こりゃ、別れた方がいいかも?
  でも、現状はキビシいよなぁ。
  時期が来るまで我慢するしかないか。
  それまで彼女の精神が保てばいいけど。 」
なんて心の中で思いながらも、その日は
お話しを聞くだけで終わりました。

そんな彼女が「1番大事な宝物」を携えて
このたび、家をとびだしたという。
彼女のキャリアはしらないけどこの世の中
普通に主婦してた女の人がある日突然
一人で食べて行くには並大抵ではない。
しかもちょっとばかし維持費のかかる「宝物」もある。
ふつうなら「宝物」の為に耐えて我慢するという
選択肢をとりがちでしょう。
ただ彼女がその方法をとった場合、いつか
それによる「ひずみ」が出て来るであろうことも
十分予測できたので、今回の
「 家、出てぇん 」
は、びっくりしたと同時に、なんだか
正直安堵めいたものを心に感じました。
「宝物をめぐる近隣住民とのトラブル?」
なんて憶測も流れかけてましたが
それならばわざわざその近隣住民に
お別れの挨拶なんてこないはず。
私も本当の詳しい事情というのは知らないので
その憶測を流れを
「そうじゃないみたいよ。」
としか止めることしかできませんでしたが。
ゆっくりお話しする余裕もなかったので
こちらの思いは伝えられなかったけど
「よく、思い切ったね!
 寂しくなるけど、陰ながら応援します!」
と、この場をかりて彼女にエールを。



オンラインユーザ

ゲストユーザ: 15

おっ気がぁるに♪クリック!

ぬいいとさん

ちの晩ごはん
掃除は苦手だ!
なんてこたぁ

ない名言集
ギャラ

リー
アルバム
リンク
プロフィール
ツイッ

ター
・ぬいいとさんちの伝言板

はみがきだいすき
真中に出てくるOKボタンをクリックしてください

QRコード

等身大QRコード
CGちゃうで!( ̄^ ̄)

アクセス解析