Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2018年 01月
«
»
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

新着情報

記事

新着記事 1件(7日)

コメント (7日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

新着メディア (7日)

新着メディアはありません。

ばんごはん!

雑記帳

ログイン

ログイン

 2018年1月19日(金) 08:54 JST

続・過払い金請求

(長いよ。^^;)

一昨年、私がそれまでの生活にピリオドを打ってからのお話。
父が近い将来自宅でヘルパーさんのお世話になるであろうことを見越して
父が入浴介助を受けている間などを利用して
すこしずつ父の「汚部屋」の整理をしていた。

要品、不要品、保留品を丁寧に仕分けていくなかで
何種類かのカードローンの書類がでてきた。
折しも先の大手銀行系クレジット会社Uとの過払い金請求手続きの最中のことである。
父宛の郵便物を姉とチェックしだしてから約4年だが
それらの明細書は一切見覚えのないクレジット会社ばかりだ。

それらしき関連の書類を全部ゴッソリとひとまとめにして持ち帰り
自宅で1枚ずつ吟味して仕分け作業。
結局クレジット会社は4社に及ぶことがわかった。

先の一番最初に取引履歴を取り寄せたクレジット会社Uでは、新たに未払い金があるカードの存在も発覚した。
この4社の中にも未払金が存在するかもしれない。
ウッカリ電話して支払い請求されてもちと困る。
カード会社に電話するまえに、先に父の債務の有無を確認することにした。

JICCCIC全銀協…どれも「データは全くナシ」の回答だ。
これで心おきなく取引履歴を申請できる。

電話して、事情説明して、本人確認して、取引履歴申請書を送ってもらう…
ここまでは4社とも一緒である。
本人確認のため、父が起きているときを見計らっての電話、これが結構たいへんだった。
なかなか繋がらない会社もある。
繋がったとおもえば父が寝てしまっていたり。
便宜上すべて私の携帯電話で通話したが、翌月きた電話代の請求がいつもより4千円ほど跳ね上がっていた。
ショック。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

4社のクレジット会社はそれぞれ対応がまちまちである。

まずは大手銀行系会社MS。
対応がメチャ早かった。
取引履歴も引き直し計算済みで、満額返還
電話での本人確認のみで委任状も不要、振り込みもバリ早かった。
先の大手銀行系のクレジット会社Uもそうだったが
本来ならばこちらでやるべき引き直し計算をあらかじめ施した履歴を作成してくれていたり
応対も真摯で丁寧に説明してくれたりと
事がなるべく滞りなく進むようにという姿勢がうかがえる。
意地悪な見方をすれば
「厄介なことはちゃっちゃと終わらせたい」
ってところだろうか。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

かたや中小銀行系会社K。
引き直し計算された取引履歴を送って来てくれたまではよかったが
わずかだが過払い金があったので返してもらおうと電話したら
「実は別に未払いのものがございまして…」
ときた。
は?そんなん送ってきてくれた履歴にはないし、今まで請求もきてないし。
だいいち自前にしらべたCIC、JICC、全銀協でも父には一切債務はないとなっていたし。

「未払い過払い相殺して約3万円、そこに利息が加わって約11万円の未払いとなります。一度にご無理でしたら数回に分けて払っていただいてもかまいませんよ。」

受け答えは丁寧で、ウッカリ払いますと言いかけたが、まてよ?何か腑に落ちない。
そこで次のような質問をした。

「その未払金、払わなかったら後々どうなるのですか?」

すると電話口のおにいさん、少し苦笑したあとにアンサー。

「後々こちらから払ってくれ、という請求はいたしません。」

ハハァン、危うくトラップに引っ掛かるところだった。
要はこうである。
未払金があったのは事実なのであるが、最後の返済日から5年以上経過しており、時効となっていたのである。
だがこの場合の時効は刑事事件の時効と違って時期がきたら自動的に時効が成立するのではなく
消滅時効の援用という手続きを行わなければ時効が成立しない。
そして今回のこのような場合、時効に気づかずクレジット会社の口車にウッカリ乗ってたとえ1円でも払ってしまうと
本来ならば時効で払わなくてもよかった未払金を返済しなくてはならないことになるのである

セーフ。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

大手クレジット会社S。
こちらはそれはそれは膨大な資料を送ってきてくれた。
しかも引き直し計算済みだ。
だがこれもカードが複数に及んでおり、過払い金と未払金両方が存在していてしかも未払金の方が多いときた。
しかし文書には
「¥***,***.-の未払金が存在します。」
とは書いてあったものの、支払いの義務や方法に関しては一切触れていなかった。
これもおそらく時効であると判断。

このS社と上記のK社には後日改めて「消滅時効援用通知書」なるものを、配達証明付きの内容証明郵便で郵送した。
こちらも父が亡くなるまでになんとかギリギリ事を終えることができた。
セーフ。
ゴメンね、踏み倒して。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

最後の1社A。
こちらは比較的早く取引履歴を送ってもらえたが、履歴のみでこちらで引き直し計算をしなければならなかった。
今は便利な世の中でちょいと検索の旅に出れば便利なツールが手に入る。
Excelをいじったことがある人間なら自力でなんなく引き直し計算ができるツールをダウンロードしたが
これも取引履歴のデータが結構多かったのでなかなか入力に取りかかることができず
青色申告の時期と重なってしまったこともあって過払い金の有無を確認をするまでに2~3ヵ月かかってしまった。
父の入院にも差し掛かってしまったが、こちらもなんとか無事に入金された。
セーフ。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

晩年は預貯金はおろか、手持ちの小銭さえ一切持っていなかった父であるが、最終的にはうちの旦那さんのボーナス程度の過払い金が返ってきた。
経済的事情でお通夜も告別式もできず、親戚にさえもお声をかけられなかったけど、おかげさまで身内数人でささやかに送り出すことだけはできた。
過払い金がなければ
「現地集合、ただ焼くだけ」
だったところだ。
言葉は悪いけど。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://nuiito3.com/trackback.php/20170117233452391
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。


オンラインユーザ

ゲストユーザ: 16

おっ気がぁるに♪クリック!

ぬいいとさん

ちの晩ごはん
掃除は苦手だ!
なんてこたぁ

ない名言集
ギャラ

リー
アルバム
リンク
プロフィール
ツイッ

ター
・ぬいいとさんちの伝言板

はみがきだいすき
真中に出てくるOKボタンをクリックしてください

QRコード

等身大QRコード
CGちゃうで!( ̄^ ̄)

アクセス解析