Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2017年 08月
«
»
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

新着情報

記事

-

コメント (7日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

新着メディア (7日)

新着メディアはありません。

ばんごはん!

雑記帳

ログイン

ログイン

 2017年8月20日(日) 11:12 JST

お宝発掘

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ
父の部屋を片付ける際、微かな期待を寄せていた。

「ひょっとしたらどこか隅っこの方から
 札束でも出てけぇへんかな?(* ̄ー ̄)」

父の晩年から没後にかけて隅から隅まで所持品を確認したが、期待は泡と化した。
札束はおろか、五百円札一枚たりとも出てこなかった。

お札はなかったけど小銭はジャラジャラと出てきた。
お店の釣り銭に使うために取り置きしたまま机の奥に忘れ去られていた百円玉30個とか
一円玉と五円玉だけ入った小さな小箱だとか。
中でも扱いに戸惑ったのが少し昔の小銭だ。
昭和30年代を中心に出回っていたひと昔もしくはふた昔前の百円玉、東京オリンピックや天皇在位、各種博覧会などの記念硬貨だ。
素人目に見ればちょっとは値打ちがあるんじゃないかと思われたが、ググってみればさほどでもない。
ちょっぴり後ろ髪を引かれながらも古銭はすべて銀行にて換金、Y太の1ヵ月分の小遣いぐらいになった。
埋蔵金は全部あわせても数千円ほどだったが、父の直葬費用で先の過払い金をほぼ全額使い果たしてしまっただけにとてもありがたく感じた。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

切手がやたらたくさん出てきた。
なかでもワケわからんのが9円切手20枚。
何に使っててん?どうやって使うねん?である。
別の切手やハガキに交換しようにも1枚当たり5円の手数料を払うと値打ちは半分以下になってしまう。
結局その時ハマっていた懸賞の応募はがきにズラズラズラと6枚貼って使うことにした。
超過分2円はくれてやる~!

あとは額面62円の記念切手らしきものの束。
ざっとかぞえても100枚以上ある。
何に使っててん?どうやって使うねん?である。
もう少し早く発掘していれば消滅時効援用通知書を配達証明付きの内容証明郵便で送るときに使ったんだけど。
(数千円かかった。)
地道に使っていこうかとも思ったが枚数が多すぎる。
で、ちょっとロスがあるけど手数料を払ってその他モロモロの切手やハガキもひっくるめてすべて弔事用のハガキと交換した。

「いや~!助かる!
 去年はハガキ買うお金がなかなか出来なくて
 喪中ハガキ出すの、年末になってしもてん!」

その日暮らしの実姉 keshidmaさんが
ホッと胸をなでおろす。
(keshidmaさん一家は2年続きの喪中だ。)
相続権のあるkeshidmaさん優先で必要枚数ゲットしてもらい、残りは手間賃がわりに私が頂戴した。
長女ピカリさん、ごめんやしておくれやして。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

金歯が出てきた。
大小取り混ぜて7つほど。
ちっちゃなチャック付きビニール袋に入れられて
ちょっと大事なものを入れてる引き出しから発掘された。
見た目、あんまりよろしくない。

「もう!おとうちゃん、こんなもんまで
 後生大事に置いてからに。」

同じくそのそばに鎮座していた入れ歯と一緒に廃棄しようかと思ったけど

「、、、待てよ?」

金歯でも換金できるとどこかで聞いたような、見たような。

「とりあえず、しかるべきところへ行って
 査定してもらってくるわ。
 何百円とかにしかなれへんかもしれへんから
 (何百円とかにしかならないかもしれないから)
 大きな期待はせんといてな。
 (大きな期待はしないでね。)」

相続権のあるkeshidmaさんにこう言って打診。
ググって出てきた職場近くの買い取り店に出向いた。

オフィス街にあるちょっと、いや、かなり敷居の高そうなお店だったが
思い切って門を叩く。
出てきたのは若い、一見気のよさげなあんちゃんだった。

あんちゃんは身内でさえ触るのをちょっとためらってしまうようなそのブツを
ひとつひとつ丁寧に査定。
重さを量った後にこう述べた。

「重さは全部で15グラムくらいですが
 いろんな不純物も混じってるので
 ざっと12グラムとしますね。
 それを14金換算で、、、
 こんな感じになります。」

・・・おぉ~。(* ̄∇ ̄*)
よくても数千円くらいかと思いきや
あんちゃんが差し出してきた電卓の数字は5桁を表していた。

「え?そんなに?!
 まぁ~、おとうちゃん!どうもありがとう!」

にいちゃんの目もはばからず、思わず金歯に手を合わせてしまった。
( ̄人 ̄)

「え?どれくらい、どれくらい?!」

ん~、うちの旦那さんのひと月のお小遣いより1割安、といった感じ。
最初は2~3件まわってみる予定だったが思ったより高値だったことと
アチコチまわるのも面倒だったこともあり
その場で換金してもらうことにした。

「やっぱりめんどくさがらず
 もう1軒くらい回った方がよかったかな?」

と、あとから残った小さな悔いは
今後どこかで遭遇するかもしれない
類似場面における教訓として心に残しておこう。

以上、発掘された埋蔵金は相続権のある
keshidmaさんの許可を得て
いったんおとうちゃん基金にプール。
骨納め、まだ終わってへんし。

続・過払い金請求

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ
(長いよ。^^;)

一昨年、私がそれまでの生活にピリオドを打ってからのお話。
父が近い将来自宅でヘルパーさんのお世話になるであろうことを見越して
父が入浴介助を受けている間などを利用して
すこしずつ父の「汚部屋」の整理をしていた。

要品、不要品、保留品を丁寧に仕分けていくなかで
何種類かのカードローンの書類がでてきた。
折しも先の大手銀行系クレジット会社Uとの過払い金請求手続きの最中のことである。
父宛の郵便物を姉とチェックしだしてから約4年だが
それらの明細書は一切見覚えのないクレジット会社ばかりだ。

それらしき関連の書類を全部ゴッソリとひとまとめにして持ち帰り
自宅で1枚ずつ吟味して仕分け作業。
結局クレジット会社は4社に及ぶことがわかった。

先の一番最初に取引履歴を取り寄せたクレジット会社Uでは、新たに未払い金があるカードの存在も発覚した。
この4社の中にも未払金が存在するかもしれない。
ウッカリ電話して支払い請求されてもちと困る。
カード会社に電話するまえに、先に父の債務の有無を確認することにした。

JICCCIC全銀協…どれも「データは全くナシ」の回答だ。
これで心おきなく取引履歴を申請できる。

電話して、事情説明して、本人確認して、取引履歴申請書を送ってもらう…
ここまでは4社とも一緒である。
本人確認のため、父が起きているときを見計らっての電話、これが結構たいへんだった。
なかなか繋がらない会社もある。
繋がったとおもえば父が寝てしまっていたり。
便宜上すべて私の携帯電話で通話したが、翌月きた電話代の請求がいつもより4千円ほど跳ね上がっていた。
ショック。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

4社のクレジット会社はそれぞれ対応がまちまちである。

まずは大手銀行系会社MS。
対応がメチャ早かった。
取引履歴も引き直し計算済みで、満額返還
電話での本人確認のみで委任状も不要、振り込みもバリ早かった。
先の大手銀行系のクレジット会社Uもそうだったが
本来ならばこちらでやるべき引き直し計算をあらかじめ施した履歴を作成してくれていたり
応対も真摯で丁寧に説明してくれたりと
事がなるべく滞りなく進むようにという姿勢がうかがえる。
意地悪な見方をすれば
「厄介なことはちゃっちゃと終わらせたい」
ってところだろうか。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

かたや中小銀行系会社K。
引き直し計算された取引履歴を送って来てくれたまではよかったが
わずかだが過払い金があったので返してもらおうと電話したら
「実は別に未払いのものがございまして…」
ときた。
は?そんなん送ってきてくれた履歴にはないし、今まで請求もきてないし。
だいいち自前にしらべたCIC、JICC、全銀協でも父には一切債務はないとなっていたし。

「未払い過払い相殺して約3万円、そこに利息が加わって約11万円の未払いとなります。一度にご無理でしたら数回に分けて払っていただいてもかまいませんよ。」

受け答えは丁寧で、ウッカリ払いますと言いかけたが、まてよ?何か腑に落ちない。
そこで次のような質問をした。

「その未払金、払わなかったら後々どうなるのですか?」

すると電話口のおにいさん、少し苦笑したあとにアンサー。

「後々こちらから払ってくれ、という請求はいたしません。」

ハハァン、危うくトラップに引っ掛かるところだった。
要はこうである。
未払金があったのは事実なのであるが、最後の返済日から5年以上経過しており、時効となっていたのである。
だがこの場合の時効は刑事事件の時効と違って時期がきたら自動的に時効が成立するのではなく
消滅時効の援用という手続きを行わなければ時効が成立しない。
そして今回のこのような場合、時効に気づかずクレジット会社の口車にウッカリ乗ってたとえ1円でも払ってしまうと
本来ならば時効で払わなくてもよかった未払金を返済しなくてはならないことになるのである

セーフ。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

大手クレジット会社S。
こちらはそれはそれは膨大な資料を送ってきてくれた。
しかも引き直し計算済みだ。
だがこれもカードが複数に及んでおり、過払い金と未払金両方が存在していてしかも未払金の方が多いときた。
しかし文書には
「¥***,***.-の未払金が存在します。」
とは書いてあったものの、支払いの義務や方法に関しては一切触れていなかった。
これもおそらく時効であると判断。

このS社と上記のK社には後日改めて「消滅時効援用通知書」なるものを、配達証明付きの内容証明郵便で郵送した。
こちらも父が亡くなるまでになんとかギリギリ事を終えることができた。
セーフ。
ゴメンね、踏み倒して。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

最後の1社A。
こちらは比較的早く取引履歴を送ってもらえたが、履歴のみでこちらで引き直し計算をしなければならなかった。
今は便利な世の中でちょいと検索の旅に出れば便利なツールが手に入る。
Excelをいじったことがある人間なら自力でなんなく引き直し計算ができるツールをダウンロードしたが
これも取引履歴のデータが結構多かったのでなかなか入力に取りかかることができず
青色申告の時期と重なってしまったこともあって過払い金の有無を確認をするまでに2~3ヵ月かかってしまった。
父の入院にも差し掛かってしまったが、こちらもなんとか無事に入金された。
セーフ。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

晩年は預貯金はおろか、手持ちの小銭さえ一切持っていなかった父であるが、最終的にはうちの旦那さんのボーナス程度の過払い金が返ってきた。
経済的事情でお通夜も告別式もできず、親戚にさえもお声をかけられなかったけど、おかげさまで身内数人でささやかに送り出すことだけはできた。
過払い金がなければ
「現地集合、ただ焼くだけ」
だったところだ。
言葉は悪いけど。

過払い金請求

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ
生前、父はカードローンで借金をしていた。
道楽や賭け事のためではなく、お店の運転資金のためだ。
私達がお店の台所事情にノータッチだった当時はわからなかったが、父が86歳でバイパス手術をして入院した時を機に
父やお店にくる郵便物をチェックしだしてから発覚。
確認すると8,000円ほどあった返済残額が返せずに
そのまま5年ほど放置されていて18,000円弱に膨れ上がっていた。

「ゲッ‼倍以上になってるやん!」

その未払金が、当時の台所事情の中では
返済の優先順位が限りなく最後尾に近いものである
ということは察していた。
かといってこのまま増え続けていくのを黙って見過ごすのもなにやら腹が立つ。

「しゃぁない。」

我が家の家計から持ち出して返済した。

それから2年ほど経ってからメディアで頻繁に流されている過払い金請求のことが気になって

「そういえばあの返済完了したカードローン
 どんな感じなんかなぁ?」

と、ダメ元で調べてみることにした。

まずは「取引履歴」のお取り寄せ。
カード会社に電話すると、まずは本人さん(父)を
電話口に出せという。
そやな、今は何でも本人確認やもんな。
かといって認知症が進みつつある父に難しいことを言っても混乱するだけなので
父の状況を先方に話し、極簡単な質問だけを受け付けるということで了解をもらって父に受話器を手渡した。

「お父ちゃん、とにかくあちらさんの言うことに
 『ハイハイ』いうて答えてくれたらえぇから。」

「よっしゃ、よっしゃ♪」

名前、生年月日、住所、電話番号…
そしておそらく先方からあとの難しいことは娘さんに任せていいですか?とでも訊かれたのであろう

「ハイハイ、全て任せますのでよろしくお願いします。」

と応えて私に受話器を返してきた。

一通りの説明を受け、この電話から一週間ほどして届いた郵便物は
「取引履歴申請書」
電話1本だけでは事は進まない、。
コレに必要事項を記入し送り返して初めて物事が動く。
合わせて父の代わりに私が動くことになるので委任状が必要となってくる。
文面はワープロで名前だけ本人の直筆で、は、NG。
すべて本人さんの直筆でお願いしますときた。
便箋に鉛筆で下書きをし、父の頭が比較的シャキッとしているおふろ帰りをめがけて筆をすすめてもらう。
1~2年前の父ならなんてこたぁない事務作業だったろうが、誤字脱字満載、訂正印の花が咲いた委任状が出来上がった。
ま、コレでも法的には充分御の字である。

最初の電話の時に、問い合わせ件数が多くて申請書が会社に届いてから取引履歴が郵送されるまで1~2ヶ月かかる
とは聞いていたが、届いたのは2ヶ月をゆうに越え3ヶ月近く経った頃だった。
途中、ホッタラカシ(放ったまま)になってるのじゃないかと確認の電話をいれてみたりもしたが
その後届いた履歴書類の枚数の多さと情報量の凄さを見て納得。
「そりゃ一件でコレだけの資料用意してたら
 2~3ヶ月かかるわな。」

さて、履歴をもらったものの、何がなんだかさっぱりわからない。
あっさりクレジット会社に電話して聞いてみる。
懇切丁寧に書類の内容を解説してくれた。

結局わかったことは、当初カード1枚で借入れてたと思っていたのが、実際は3枚に及んでいたこと。
そして返済が終わったカードに関しては過払い金があるけれど、未払金があるカードも残っていたこと。
そして幸いなことに過払いと未払いを相殺した結果、結構な額の過払い金となったこと。

「え?え?どのくらい?」

ん~そやね、うちの旦那さんが60時間ほど残業した月のお給料くらい、ってとこかな?

ただ、ネット情報によると全額戻ってくることはほぼなく、5割、ヘタすると2~3割ほどしか返ってこないという。
このまま一端の主婦が交渉しても埒アカンのじゃないか?
その道のエキスパートに任せた方がいいのかな?
不安になって、司法書士さんに相談してみる。
司法書士さんはクレジット会社名と過払いの金額だけ聞くと
「それだったら8割くらいは返ってくるんじゃないかな?
 一度ご自分で交渉してみては?」
とアドバイスをくださった。

ドンピシャ、クレジット会社からは実際の過払い金の8割返還でどうですかときた。
さすが、その道のエキスパートだ。
司法書士さんに全額返還できるようお願いしたところでおそらくその2割は報酬として持っていかれるだろう。
ウマイとこ突いとる。
当然返してもらえるお金なので自力で裁判まで持っていって全額返してもらう術もあるが
父も年齢的にいつどうなるかわからない身だし、裁判する体力もない。
示談で応じることにした。

「それではお振り込みは4月の末になりますね。」

( ̄□ ̄;)!! はぁ~~~?!3ヶ月も先ってか!
うちのオヤジ、生きてるかぁ?!
…と言いたいところをグッとこらえて
「あ~、少しでも元気あるうちにそのお金で
 温泉にでも連れてったげたいんですけど
 ダメですかね?」

と、軽くお願い。アカンとは解ってたけど。

「過払い金請求」というとなんだかクレジット会社に邪気に扱われそうなイメージがあったが
この会社は大手銀行系だからだろうか、最初の電話から一貫してとても丁寧に対応してくれた。

過払い金が銀行に振り込まれたのは父が入院する前日、亡くなる約2週間前だった。

セーフ。

内視鏡検査

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ
夏に胃の内視鏡検査を受けた。
2年ほど前にピロリ菌で引っ掛かった時以来
2度目だ。

私が受けたのは全身麻酔で眠らされている間に
全ての検査を終わらせる、といった
ほとんど苦痛のない検査方法である。

検査台にのぼり、程なく検査前処置が始まる。

「はい、ぬいいとさぁん、麻酔する前に
 先に喉の筋肉を麻痺させるお薬いれますね~。」

あ、これや、前にもあったよな。
唯一この検査で苦痛を感じる瞬間である。

「唾が溜まってきてもかまわずダラダラと
 お口から流してくださいねぇ。」

確かに、呑もうと思っても呑み込めない。
お言葉に甘えてダラダラと流すことにした。
フッと、数ヵ月前の光景が過った。

「おやじさんもこんな気分だったんだろうか。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

結果的には父が亡くなった日の前日となった
その日の昼下がりのこと。
面会に行った私の目に入ってきたのは
半起こしのベットに座らされた父が
首を傾け、口からよだれが流れ放題で
放心状態になっている光景だった。
一瞬死んでるのかと思い、慌てて声をかける。

「おとうちゃん、大丈夫?!
 あら~、すごいヨダレ!
 サ骨のとこに溜まって湖みたいになってるやん!
 すぐ拭くから待ってやぁ。」

タオルで拭うと口の中に溜まってる唾を
自分の舌で押し出して流し出してきた。
まるで待ち構えていたかのように。
一見放心状態に見えたのはそうではなく
意識だけはしっかりしてるのがすぐにわかった。
その後は何度か言葉のやりとりもあり
夜に姉と姪が面会したときも変わりはなく
それなりの会話はあったので
昼のヨダレダラダラのことも忘れかけるところだった。

「もう唾を呑み込む力がなかったんや」

そう気づいたのは明朝父が亡くなった時だった。

喉を麻痺させられて、唾ひとつ呑み込めない歯がゆさ
そしてなんともいえない違和感を感じながら
たった数分の短い間にいろんな思いを馳せながら
やがて内視鏡を突っ込むべく深い眠りについた。

まわりの反応

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ
(「なんでソコなん?!」よりつづき)

さて、即日採用された日の昼下がり
遅めのランチを学生来からの友ととった。
にわかに降って湧いた、できたてホヤホヤの就活話に
彼女は温かい心で失笑噴飯してくれた。

だがその後に出会う人々にはことごとく粉砕された。
「 ι(`ロ´)ノ なんでソコなん?!」の嵐だ。

時給と職種を聞くやいなや
「そんなもん、断りぃ!」
と、一刀両断された。
まぁそりゃあたりまえだのクラッカー。

「今の派遣で充分えぇんちゃうん?」
(^_^;)いや、それが思い通りに働けなくなったから
就活したんやし。

「もっと、高いとこ目指さなアカンよ!
 自分を、あきらめたらアカン!」
(^_^;) あ、いや、別に諦めてへんねんけどなぁ。
結構前向きに動いてるつもりやってんけど
んー、どう説明したらええやろ?

「折角新しいことやるなら
 もっとちがう新しいことやって
 高給とりにならなー」
(* ̄∇ ̄*) あ、それは思う(笑)。
ただなぁ、まだなんかやり残した感があってな。
回り道する余裕がもうあまりないお年頃ってのは
よくわかってるねんよ。

関西人なら誰もが知るソコで働くと聞いて
羨望の眼差しで見てくれるのは
せいぜい小学生くらいまでだろうか。
酸いも甘いも知り尽くしたアラフィフ世代
実にシビアだ。

ただコレだけシビアな助言の嵐を受けつつ
ヘラヘラ笑いながらも揺るがない自分がいた。
ただ、「なんで?」と尋ねられて
納得していただける答を伝えることが出来なかった。

右脳の中で渦巻いて微睡んでいたその答は
その後、実際に働きだしてから
次々と明らかになってくることとなる。

(ごめんね、もうちょっとつづく)

ちなみに、バイトを含む社会人経験者である子供達は
励ますでもなく、反対するでもなく
ただただ面白がってくれた。

「働く姿、笑いに行くから
 それまで辞めんといてな。(^m^)゛」

うぉっしゃ~!( ̄▽ ̄)b

オンラインユーザ

ゲストユーザ: 14

おっ気がぁるに♪クリック!

ぬいいとさん

ちの晩ごはん
掃除は苦手だ!
なんてこたぁ

ない名言集
ギャラ

リー
アルバム
リンク
プロフィール
ツイッ

ター
・ぬいいとさんちの伝言板

はみがきだいすき
真中に出てくるOKボタンをクリックしてください

QRコード

等身大QRコード
CGちゃうで!( ̄^ ̄)

アクセス解析