まわりの反応

(「なんでソコなん?!」よりつづき)

さて、即日採用された日の昼下がり
遅めのランチを学生来からの友ととった。
にわかに降って湧いた、できたてホヤホヤの就活話に
彼女は温かい心で失笑噴飯してくれた。

だがその後に出会う人々にはことごとく粉砕された。
「 ι(`ロ´)ノ なんでソコなん?!」の嵐だ。

時給と職種を聞くやいなや
「そんなもん、断りぃ!」
と、一刀両断された。
まぁそりゃあたりまえだのクラッカー。

「今の派遣で充分えぇんちゃうん?」
(^_^;)いや、それが思い通りに働けなくなったから
就活したんやし。

「もっと、高いとこ目指さなアカンよ!
 自分を、あきらめたらアカン!」
(^_^;) あ、いや、別に諦めてへんねんけどなぁ。
結構前向きに動いてるつもりやってんけど
んー、どう説明したらええやろ?

「折角新しいことやるなら
 もっとちがう新しいことやって
 高給とりにならなー」
(* ̄∇ ̄*) あ、それは思う(笑)。
ただなぁ、まだなんかやり残した感があってな。
回り道する余裕がもうあまりないお年頃ってのは
よくわかってるねんよ。

関西人なら誰もが知るソコで働くと聞いて
羨望の眼差しで見てくれるのは
せいぜい小学生くらいまでだろうか。
酸いも甘いも知り尽くしたアラフィフ世代
実にシビアだ。

ただコレだけシビアな助言の嵐を受けつつ
ヘラヘラ笑いながらも揺るがない自分がいた。
ただ、「なんで?」と尋ねられて
納得していただける答を伝えることが出来なかった。

右脳の中で渦巻いて微睡んでいたその答は
その後、実際に働きだしてから
次々と明らかになってくることとなる。

(ごめんね、もうちょっとつづく)

ちなみに、バイトを含む社会人経験者である子供達は
励ますでもなく、反対するでもなく
ただただ面白がってくれた。

「働く姿、笑いに行くから
 それまで辞めんといてな。(^m^)゛」

うぉっしゃ~!( ̄▽ ̄)b

コメント (0件)


ぬいいとさんの「のんびりのびのび」
http://nuiito3.com/article.php/20161030124227305