運転教習話

 昨年、あたしと同様に十数年ペーパーだった中学以来の友人Kが脱ペーパーし、
「 必要にせまられた時が50・60いうたら何もでけへんで!今がラストチャンス! 」
と、おろおろしてる私の背中をポンと押してくれまして、
このたび運転教習を受ける事になりました。

Kが 「 こんなスクールあるで 」と紹介してくれたのが
このたびおせわになった「Aドライビングスクール」。

 普通の教習所での料金と変わらないものの、それでも二の足を踏む料金。
数ヶ月悩んだあげく申し込みのTELをしたのは暮れもおし迫った12月の頭でした。
 免許を取った教習所ではあまりいい思い出はなく
先生が最悪やったらどうしようという不安が一番にありましたが
五日間教習の初日を終え、まずその不安は解消されました。

アクセルとブレーキがどっちだかうろ覚えの状態からのスタートでしたが( 激恐! )
先生のご指導と補助ブレーキのおかげで巽のライフ、平野のマックスバリュー、
そして最終日には柏原の実家近くまで遠出しましたよ。
  ( 私にとっては 「 遠出 」なの! (`o´)  )
 最終日には少し先生の身の上話も聞くことができました。
  ( 聴き出してやった ( ̄ー+ ̄) というのが正しい。)

コメント (0件)


ぬいいとさんの「のんびりのびのび」
http://nuiito3.com/article.php/20071223232026347